このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    遠別小学校で森林教室を実施

     

    【留萌北部森林管理署】 


    令和元年10月17日(木曜日)に遠別町富士見ヶ丘公園において、遠別小学校の1年生22名を対象に「秋と遊ぼう」と題し、ドングリ拾いや落ち葉などの観察や工作の素材集めをする森林教室を当署職員8名で実施しました。

    天気が心配でしたが、なんとか持ちこたえました。
    心配された天気も持ちこたえ、みんなで現地に集合

    はじめに、遠別森林事務所の土田首席森林官から森林管理署の仕事や森林に住む動物たちなどについて説明しました。

    森林に住む動物たちなど巡視中に出会った様々な動物の紹介では、エゾリスやシマリスの写真を見て「かわいい!」や「会ってみたい!」など、児童たちは興味津々でした。

    森林官より森林に住む動物たちなどについて説明
    森林官より森林に住む動物たちについて説明

    次に3班に分かれて公園内を散策し、ドングリやマツボックリ、ナナカマドの実を拾ったり、色づきつつあるナナカマドやイタヤカエデの葉っぱを観察し集めていました。

    ドングリの大凶作に悩まされた去年とは打って変わって今年は大豊作で、児童たちはより大きくて、きれいなドングリを探すのに夢中になっていました。

    逆にナナカマドの実は不作で少なく、拾えない子も出てくるのではないかと心配しましたが、拾えた子が友達に分けている姿も見え、優しい児童たちのおかげで皆満足しているようでした。

    ドングリ拾いに没頭している児童たち
    ドングリ拾いに没頭している児童たち

    ナナカマドの葉もきれいに色づいていました
    ナナカマドの葉もきれいに色づいていました

    拾い集めた木の実や葉っぱは図工や生活科の学習で利用され、工作したものは保育園の園児たちにプレゼントされるとのことです。
    児童たちの工作は豊かな想像力に期待できそうなので、完成した作品をぜひ見てみたいものです。

    工作の素材がたくさんとれました!
    工作の素材がたくさんとれました!

    3年生になったら今度は冬の森林教室が待っています。また2年後に元気な姿を見せてほしいですね。

    (一般職員 押野)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271