このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    朱鞠内小学校で秋の森林環境教育を実施

     

    【北空知支署】 


    令和元年10月11日(金曜日)、幌加内町立朱鞠内小学校の遊々の森「わんぱくの森」において、児童8名、教職員4名、当支署からは3名の職員が参加し秋の森林環境教育を行いました。

    最初に校舎前で秋の山で活動する際の注意点として、蜂やウルシに十分注意することについて説明し、森林管理署での防蜂対策の取り組みについて紹介しました。
    児童達は防蜂網に興味津々でしたので、実際に防蜂網が付いた保安帽を着用し蜂の恐ろしさを感じてももらいました。

    防蜂網付きの保安帽を着用!
    防蜂網付きの保安帽を着用!

    次は来年わんぱくの森に植えるためのミズナラの苗木作りを行いました。培養土を入れたビニールポットにドングリを蒔き付けて完成です。発芽の様子を観察してもらうこととして、児童達に来年まで育ててもらうことにしています。

    ドングリの蒔き付け作業中
    ビニールポットに培養土を入れドングリの蒔き付け作業中

    続いてわんぱくの森に移動して林業体験を行いました。近年造林事業で導入されているコンテナ苗について説明し、コンテナ苗を植付ける際に使用する専用器具のプランティングチューブ・ディプル・スペードについて使用方法などを説明し、実際に植付け穴を掘る体験を行いました。

    児童達には器具が大きかった様で少し苦労していましたが、使いこなしてくれました。

    プランティングチューブで植え付け体験
    プランティングチューブで植え付け体験

    その後は、わんぱくの森に自生しているキノコ探しを行いました。
    見つけたキノコは図鑑で種類を調べ、食用か毒キノコなのか等の特徴も調べました。
    一見食べられそうなキノコでも実際には有毒であったりと、意外な発見に児童達はとても感心していました。

    見つけたキノコを図鑑で確認
    見つけたキノコを図鑑で確認

    最後に今春新調したわんぱくの森の看板をみんなで取り外しました。
    朱鞠内の豪雪から看板を守ることと、冬の間に表面のメンテナンスも行うためです。
    看板は来年度最初の森林環境教育まで冬ごもりに入ります。

    みんなで看板を外しました
    みんなで看板を外しています

    今後も、森林環境教育を通じて林業や森林の持つ様々な機能について、体験しながら楽しく学んでもらえるよう、より良い森林環境教育を行いたいと考えています。

    (主任森林整備官 鳥山)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271