このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    森林整備協定箇所で森林散策体験

     

    【宗谷森林管理署】 


    中頓別町と宗谷森林管理署が中頓別鍾乳洞自然ふれあい公園等森林整備協定を締結し、民有林・国有林が一体となった森林整備計画の実施や森林の恵みを受けられるよう森林散策を楽しめる歩道の整備、森林造成を実施しています。

    令和元年9月28日(土曜日)、この事業の一環として町民が森林とふれあう「中頓別鍾乳洞の森 散策体験」を開催しました。

    公募により3家族10人が参加し、森林管理署が森林散策体験、そうや自然学校が鍾乳洞散策を担当して、それぞれ深まりゆく秋の自然を満喫しました。

    森林散策の様子
    森林散策の様子

    散策後は管理棟「ぬく森館」で、イタヤカエデなどの葉っぱを利用した栞(しおり)づくりや木のコ-スタ-づくりを親子で楽しみました。

    葉っぱの栞づくり
    葉っぱの栞づくり

    コースターお絵かき
    コースターづくりでお絵かき

    昼食時には中頓別町で用意したきのこ汁を参加者全員でいただき、"秋の味覚"に舌鼓を打ちました。

    きのこ汁に舌鼓
    きのこ汁に舌鼓

    また、宗谷総合振興局森林室とタイアップして森林の働きのパネル展示、木育(※) のPR、来年北海道で開催される第44回全国育種祭(2020年秋)のPRを行いました。

    作品を手に記念写真
    作品を手に記念写真

    ※木育とは子どもをはじめとするすべての人が「木とふれあい、木と学び、木と生きる」取組で、子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて、人と木や森とのかかわりを主体的に考えられる豊かな心を育むことです。

    (地域統括森林官 山端)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271