このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    環境広場さっぽろ2019

    環境広場さっぽろ2019全体風景

    【北海道森林管理局】 


    令和元年8月12日(月曜日)、13日(火曜日)の2日間、札幌ドームにおいて「環境広場さっぽろ2019」が開催され、約2万6千人が来場されました。夏休み期間中ということもあり、たくさんの親子連れで賑わう会場で、北海道森林管理局は森林・林業に関する漫画やイラスト、丸太等を展示し、森の紙芝居「シンタローのぼうけん」の上演も行いました。

    カラフルなイラストがいっぱいの展示ブース
    カラフルなイラストがいっぱいの展示ブース

    紙芝居は子供から大人まで真剣に聞き入っていました
    紙芝居は子供から大人まで真剣に聞き入っていました

    様々な生き物と出会いながら街から森へ進むシンタローの目を通して、森と人とのつながりを紙芝居で感じた後は、林業作業員に変身しての記念撮影。

    兄妹でバッチリきまってます!
    兄妹でバッチリきまってます!

    北海道の雄大な森林写真を背景に、子供たちのポーズが様になっていました。

    また12日には職員の平田美紗子による「森のイラストレーターのお仕事体験」ワークショップも開催されました。
    参加した子供たちはまつぼっくりやナナカマドの葉など身近にある樹木をじっくり観察した後、そこからキャラクターを作り上げるというお題に挑戦。

    葉や実などいろいろな樹木の観察ポイントを紹介
    葉や実などいろいろな樹木の観察ポイントを紹介

    ナナカマドは鳥に実を運んでもらうと聞いて、鳥と仲良しのキャラクターを作ってくれる子や、まつぼっくりを衣装に見立てて素敵なドレス着たキャラクターを作る子など、子供たちの自由な発想で盛り上がりました。

    どんなアイディアが生まれるかな?
    どんなアイディアが生まれるかな?

    キャラクターの性格や好きなものも考えました
    キャラクターの性格や好きなものも考えました

    素敵に色を塗ってくれる子も
    素敵に色を塗ってくれる子も

    完成したキャラクターと一緒にみんな笑顔でパチリ
    完成したキャラクターと一緒にみんな笑顔でパチリ

    北海道森林管理局では今後もこうしたイベントを通して、子供たちに楽しみながら森林・林業・木材産業のことを知ってもらう機会を提供していきたいと思っています。
     

                                                                (企画課 広報主任官)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271