このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    滝上小学校・濁川小学校で森林環境教育「フィールド学習」を実施


    【西紋別支署】 


    7月23日(火曜日)に滝上町、滝上町森林組合、滝上林業協同組合、当支署で構成される「滝上みどりの森林(もり)推進協議会」で、滝上町内の小学校を対象に森林環境教育を実施しました。

    【滝上小学校】

    午前中は滝上小学校の児童(6年生12名)を対象に学校林においてフィールド学習を実施しました。
    まず、滝上町役場林政課矢沢林業振興係長から、世界・日本・滝上町の森林面積、光合成や土の保全など木の働き、生物多様性保全機能や地球温暖化防止など森林の働きの説明がありました。

    世界や日本の森林面積、森林の働きを学習
    世界や日本の森林面積、森林の働きを学習

    その後、ネイチャーゲームの目かくし芋虫、フィールドビンゴを行いました。
    まず、目かくし芋虫では目をタオルなどで覆って視覚を遮り、児童が前の人の肩をつかんでつながった状態でリーダーに手を引かれて歩きます。
    カラマツやサクラなどの様々な樹種を手で触れたり、抱きついたり、樹木や草の葉のにおいを嗅ぐなど視覚以外の四感を使い森林の環境を体全体で感じました。
    視覚を遮った状態で歩くことに不安を感じつつも、児童からはイタヤカエデの葉を触る中「ぎざぎざしてる」、カラマツの木に抱きつき「太い!」などの声が上がりました。

    おそるおそる木に抱きついてみる
    おそるおそる木に抱きついてみる

    どんなにおいがするかな?
    どんなにおいがするかな?

    フィールドビンゴでは3グループに分かれ配布したビンゴカードをもとに森林内に存在する様々なモノ(木の実やきのこ、いいにおいのする葉など)を探すため、五感を発揮しながら森林内を散策しました。
    児童からは「あった!」「あと何個!?」「こっちに行ってみよう!」など、積極的に児童同士がコミュニケーションをとりながら無邪気に探し回っている様子が見てとれました。

    この葉で当たりかなあ?
    この葉で当たりかなあ?

     最後に、児童からの感想として「普段出来ない体験が出来てとても楽しかった!」との声をもらい、小林主任森林整備官から「これを機会に森林に興味を持って貰えたら幸い」との挨拶があり、午前中の森林環境教育を終えました。

    【濁川小学校】

    午後は濁川小学校の児童(3~6年生10名)を対象に町内の錦仙峡で自然観察とフィールドビンゴを行いました。こちらも五感をたよりにビンゴカードに書かれた色や音、においなどを探していきます。
    道中ではタチギボウシやヒルガオなどのきれいな花や山菜でおなじみのミツバやウド、毒のあるクサノオウ、衣服にくっつくノハラムラサキやウマノミツバなどの草花が見られました。
    見つけた植物の解説をしつつ、ゆっくり先へ進んでいきます。

    虫眼鏡でじっくり観察
    虫眼鏡でじっくり観察

    児童の一人がエゾニワトコの目立つ赤い実を見つけ、その近くにはヤマグワの実もあり、次々と気になるものが見つかります。

    赤い実のついたエゾニワトコを解説
    赤い実のついたエゾニワトコを解説

    道沿いではヒヨドリやハシブトガラなどの野鳥がさえずり、近くで観察できました。

    また、大きな葉っぱで幹にとげのあるセンノキやベタベタした実をつけるオニグルミなど、特徴のある木も次々と見つかり、みんなでその感触を確かめました。

    センノキのトゲを観察
    センノキのトゲを観察

    オオバボダイジュ(アオジナ)が実をつけており、みんなで実を落下させてふわふわと落ちる様子を観察しました。
    オオバボダイジュは種を遠くまで飛ばすために特殊な形の薄い葉をもっています。

    種を飛ばそう!
    種を飛ばそう!


    蒸し暑い中でもあっという間に時間は過ぎ、ビンゴカードも埋まって終了となりました。
    感想を聞くと好きな花や草、鳥を見つけ楽しかったなどがあり、自然に興味を持つきっかけになれたのかなと思います。

    今年度はあと3回森林環境教育を予定しており、さらに興味を持ってもらえるよう引き続き取り組んでいきます。

    (西紋別支署 業務グループ 酒井・北雄森林事務所 寺田)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader