このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    朱鞠内小学校で夏の森林環境教育を実施


    【北空知支署】 


    令和元年7月10日(水曜日)、幌加内町立朱鞠内小学校において、今年度2回目の森林環境教育を実施しました。当日は、児童10名と教職員5名が参加し、当支署からは6名の職員で森林環境教育をサポートしました。
    開会の挨拶で森林を散策する際の注意点として、ダニやハチに十分注意することや、熱中症にならない様に水分補給を行うことについて説明しました。

    本日最初のメニューはカミネッコンを利用したミズナラの植栽です。
    目的は、昨年小学校の裏で施工された治山工事で資材置き場として使われた箇所に植栽することです。

    重機等で踏み固められたり、土壌の栄養分が乏しい場所でもカミネッコンを使うことで植栽できることなど特徴を説明した後、実際にカミネッコンを製作しました。
    カミネッコンを作るのは始めてということで苦戦している児童もいましたが、みんなで協力し、見事に完成させました。

    カミネッコンを製作中
    カミネッコンを製作中

    苗木を植え替える様子
    苗木を植え替える様子

    完成したカミネッコンにミズナラの苗木を移植し、最後に記念撮影を行いました。

    完成したカミネッコンと記念撮影
    カミネッコンと記念撮影

    このあと、現地に植栽しました。

    次のメニューは、森にある色々なものを使って、万華鏡を製作します。
    児童達はわんぱくの森(朱鞠内小学校と北空知支署が「遊々の森」として協定を締結)を散策しながら樹皮や植物の葉など、様々な素材をスコープに入れてオリジナルの万華鏡を作っていました。

    フィールドスコープの出来映えを確認!
    万華鏡の出来映えを確認!

    最後に児童代表からお礼の言葉と、「カミネッコン作りが楽しかった」「万華鏡は模様がとてもきれいだった」などの感想をいただき、森林環境教育を終了しました。

    (主任森林整備官 鳥山)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader