このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    浦河小学校と堺町小学校の木工体験学習


    【日高南部森林管理署】 


    令和元年6月28日に浦河小学校、同7月12日に堺町小学校の5年生の児童を対象に、「木工体験を通じて、木に関心を持つこと」を目的とした、「木工体験学習」を日高振興局と協力し、うらかわ優駿ビレッジ AERUにて開催しました。

    まず、児童たちに日木工体験で使用する木材が生産される森林のことを知ってもらうために、浦河小学校には『森林からの贈り物』、堺町小学校には『森林の持つ働きについて』という紙芝居を用いた森林のお話をしました。

    森林は昔から人間の生活と密接に関わってきたことや生活の様々な所に木材を使用していることなどを児童たちへの質問を交えながら、わかりやすく説明しました。

    森林のお話の様子(左:浦河小学校、右:堺町小学校)

    森林のお話の様子
    森林のお話の様子(上:浦河小学校、下:堺町小学校)

    木工体験では、丸太や木の板を用いて、コースターや表札作りを行いました。
    イラストをカーボン紙で複写して色を塗る児童、木の実や小枝で飾り付けをする児童、自分で好きな絵を描いて作品を作る児童などもおり、思い思いに作品を作り木工体験を楽しんでいました。

    木工体験の様子(左:浦河小学校、右:堺町小学校)

    木工体験の様子(左:浦河小学校、右:堺町小学校)
    木工体験の様子(上:浦河小学校、下:堺町小学校)

    最後に、丸太切り体験を行いました。直径10cm程のエンジュやトドマツの丸太をノコギリで切ってもらいました。
    体験中に硬いエンジュの丸太にチャレンジした児童は「全然切れない」と苦戦していましたがコツを教えていくと上手に切ることができ、切れたときには達成感を感じているようでした。

    丸太切り体験の様子

    丸太切り体験の様子
    丸太切り体験の様子

    今回の木工体験学習では、家族分の木工作品を作る児童もおり、体験学習で取り組んだ内容を家庭でも思い出していただけると私達も幸いです。

    今回の体験学習が、森林について知ってもらう良い機会になったのではないかと思います。


    (一般職員 鈴木、山本)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader