このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    弟子屈町春の名木ツアー


    【根釧西部森林管理署】 


    令和元年5月19日(日曜日)に「弟子屈町春の名木ツアー」が弟子屈町と根釧西部森林管理署との共催で開催、弟子屈町ほか近隣の市町村から27名の方に参加をいただきました。

    当イベントは、「てしかが自然学校」の代表で木育マイスターでもある萩原寛暢さんにガイドを務めていただき、「大人の遠足」というコンセプトのもと、町内で親しまれている名木についての話しや、「水郷公園」の遊歩道散策などを楽しみました。

    午前中は広大な牧草地に一本、堂々と生育しているエゾヤマサクラや国有林内にあるミズナラ・ハルニレの名木を鑑賞しました。

    a
    国有林内にあるミズナラ、原生林の中にそびえ、その姿は雄々しい

    午後からは水郷公園の遊歩道をゆっくりと歩きながら、野鳥や野草・樹木の芽生えを観察、また、「てしかがの蔵」(郷土資料館、旧弟子屈営林署)周辺の白く可憐なニリンソウ群落を訪れ、さらに、道指定の記念保護樹木である弟子屈小学校敷地内の巨大なハルニレの樹木などを鑑賞しました。

    a
    水郷公園遊歩道にて
    野鳥や、樹木の芽生えを観察しました



    a
    釧路川が蛇行する河川敷の緑地帯に根を下ろし、風雪に耐えた風格のあるヤチダモ

    ゆったりとしながらも変化に富んだプログラムに、参加された方々も大満足の自然を体感・満喫できるツアーでした。

     

    主任森林整備官 沖野

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader