このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    滝上小学校・濁川小学校で森林環境教育


    【西紋別支署】 


    平成30年9月21日(金曜日)と10月3日(水曜日)の2回、森林環境教育を実施しました。

    これは2011年の国際森林年を契機に人と森林との関わりを育むため発足した、滝上町、滝上町森林組合、滝上林業協同組合等と西紋別支署で構成している「滝上みどりの森林(もり)推進協議会」が森林環境教育を推進するための活動として、滝上町内の小学校を対象に実施している取組です。

    【滝上小学校】

    9月21日(金曜日)、滝上小学校6年生の児童11名を対象に、学校の近くにある学校林内で実施しました。
    初めに、滝上町役場林政課矢沢係長より、資料を基に世界や日本の森林面積のことや木の働き、土砂災害防止機能や生物多様性保全機能などの森林の機能について学習しました。

    矢沢係長による学習
    世界や日本の森林、森林の働きを学習

    その後、4班に分かれてフィールドビンゴを行いました。
    森林の中を歩いて観察し、手のひらより大きい葉や木の葉のそよぐ音、両手で抱えられないほど大きい木などを探しました。
    次々に見つけていく子やじっくり見て回る子など様々で、見つけた時には「あった!」と嬉しそうな声を上げていました。

    手のひらよりも大きいかな?
    手のひらよりも大きいかな?

    最後に森林クイズを行いました。
    最初に学習した森林面積のことや森林の機能などのほか、森林にすむ動物やキノコのことなどについて全15問を出題し、次々に正解していました。

    クイズに挑戦!
    クイズに挑戦!

     【濁川小学校】

    10月3日(水曜日)、濁川小学校において、3年生から6年生の児童計8名を対象に森林環境教育を実施しました。

    当日は雨が降っていたため、外に出る予定のところを教室内で滝上小学校と同じように資料の学習と森林クイズを行いました。

    室内での学習 
    室内での学習

    クイズが終わると雨が止んでいたため、学校の外に出て近くの森林まで歩いて移動しました。
    そこで2班に分かれてフィールドビンゴを行いました。ハート形の葉や松ぼっくり、キノコなどを探して観察しました。森林内を歩いて足にくっつき虫をたくさん付けてきたり、カエルを見つけたりしていました。普段見慣れない生き物を見つけて楽しそうです。

    木をじっくり観察しています。
    木をじっくり観察しています。

    最後にみんなで挨拶。ありがとうございました。 
    最後にみんなで挨拶。ありがとうございました。

    この森林環境教育で森林を身近に感じ、森林の楽しさや面白さが少しでも伝わったのではと思います。

     

    (主任森林整備官 小林)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader