このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    足寄町立足寄小学校5年生対象の森林教室の開催


    【十勝東部森林管理署】 


    平成30年9月28日(金曜日)、足寄町立足寄小学校の5年生51名を対象に森林教室を開催しました。

    始めに小学校でスライドショーを用いて森林の働きや食物連鎖、木を使っているものについて説明をしました。

    小学校で森林の機能や生態系、林業、木材の利用についてスライドショーを使って説明しました
    小学校でスライドショーを使って説明しました

    その後、伐採を行っている現場までバスで移動し、伐採の様子を見学しました。移動中のバスの中では森林管理署の仕事について話をしたり、「木の切り方の違いはあるのか」「どんな木が建材に使われるのか」など木に関する質問の他、寿司ネタから漁師の方々の植林活動まで話が広がり盛り上がりました。

    糠南森林事務所部内の間伐箇所では、北海林友株式会社所有のウッディ50というハーベスタを使用した伐採作業を見学させてもらいました。ハーベスタが木を掴んで丸太にしてフォワーダに積むまでの約30秒という時間の早さに一同びっくりし、「すごい!」という驚嘆の声があちこちからあがっていました。

    伐倒造材機械のハーベスタを使っての作業を見学しました。
    伐倒造材機械のハーベスタを使っての作業を見学

    ハーベスタのアタッチメントを間近に見せてもらいながら、機械や伐採作業の流れについて説明をしてもらい、林業機械に興味を持った児童も多かったようです。

    ハーベスタのアタッチメントを間近に見る
    ハーベスタのアタッチメントを間近に見る

    また、伐採されたアカエゾマツとストローブの断面を見比べて、同じ場所に生えていても樹種によって成長の違いがあることも学びました。

    伐採された木の年輪を見て、同じ場所に生えていても樹種によって成長に違いがあることを学びました。
    伐採されたアカエゾマツとストローブの断面を見る

    伐採中の現場を見る機会はほとんどないため、先生方も今の山仕事に大変驚かれていました。

    帰りのバスの中では、先ほど見学したことをクイズにしたり、質問コーナーを設けたりして大いに盛り上がりながら小学校まで帰りました。これからも森林や林業について関心を持ち、多くのことを学んでくれることを願っております。

     

    (主任森林整備官(経営・ふれあい)  桐山綾)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader