このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    しかりべつ湖こども自然調査隊に参加


    【東大雪支署】 


    7月31日、8月2、7、9日の4日間、当支署管内の美しの森おすすめ国有林に選定されている「然別自然休養林」において、「しかりべつ湖こども自然調査隊」が開催され、延べ83名の参加者が当休養林内の自然について学習を深めました。

    これは、環境省・とかち鹿追ジオパーク推進協議会の共催イベントで、「自然とのふれあいを通じて大雪山国立公園の魅力を知ろう」をテーマに、ほ乳類、昆虫、水中生物、鉱石の各専門家を講師に招き行われ、当支署からは、「昆虫調査」「水中生物調査」にスタッフとして職員2名が参加しました。

    この昆虫調査では、昆虫の種類や捕獲の手法を学び、最後に標本作りを行いました。
    今回は「新種を捕まえる」と意気込む参加者がいる中、トンボやチョウ、コガネムシなど多種の昆虫を捕獲することができ、中には講師も珍しいという「ブチヒゲハナカミキリ」を捕まえる参加者もいました。

    へびの抜け殻を見つけ、匂いを嗅ぐ子ども達
    へびの抜け殻を見つけ、匂いを嗅ぐ子ども達


    また、水中生物調査ではヤマメやミヤベイワナ、ドジョウなどを捕獲して観察するとともに、然別湖の生態系について学びました。

    捕獲した魚の観察
    捕獲した魚の観察

    そして、特定外来生物に指定されているウチダザリガニをカニ篭で捕獲し茹でて試食しました。

    ウチダザリガニを試食
    ウチダザリガニを試食

    参加者からは「おいしい」、「こんなに多くの魚が捕獲でき驚いた」などの感想が聞かれました。

    活動の最後には「日本美しの森 おすすめ国有林」のリーフレットを配り、当休養林及び国有林のPRを行いました。
    今後とも自然豊かな然別自然休養林に多くの方が足を運んでいただくことを願うとともに、レクリエーションの森の普及活動を継続していきたいと思います。

    パンフレットを手にポーズ
    パンフレットを手にポーズ

    各調査に係る生物の捕獲ついては、許可をとって実施しております。



    (事務管理官 日野)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader