このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林のこともっと知りたい

    陸別町立陸別小学校4年生・5年生対象の森林教室の開催


    【十勝東部森林管理署】 


    平成30年7月19日(木曜日)に陸別小学校の4年生と5年生を対象に森林教室を開催しました。
    この森林教室は陸別町に設定した「憩いの空間水資源の森」で毎年行われており、遊歩道を散策した後に近くの造林地で枝打ち体験を行っています。

    森についての話を聞きながら、ふれあいの森の遊歩道を散策
    森についての話を聞きながら、ふれあいの森の遊歩道を散策しました。

    森林教室の前半では、動物のすみかや緑のダムなどの森林の役割、種の運ばれ方、木の生長などについて説明をしたり、タヌキのため糞や種探しをしたりしながら散策をしました。

    ふれあいの森にはマタタビもあり、小さな実をつけていました
    ふれあいの森にはマタタビもあり、小さな実をつけていました。

    歩道と森の土を踏んだときの感触の違いに気づいたり、涼しい森の中は木の葉っぱが隙間なく広がっていることを発見したりと、森林の機能について肌で感じることができました。

    締め固められている遊歩道と違って、道脇の土の上はフカフカでした
    遊歩道と違って、道脇の土の上はフカフカでした。

    途中にあった丸太の断面をみて年輪の勉強
    途中にあった丸太の断面をみて年輪の勉強。

    森林教室の後半は、陸別町との分収造林地で平成6年に植栽されたアカエゾマツの枝打ちを行いました。最初はノコギリの使い方にとまどっていましたが、すぐに夢中になり、下部にある枝をノコギリで熱心に切り落としました。

    枝打ちのやり方を教えてもらいました
    枝打ちのやり方を教えてもらいました。

    一生懸命枝打ちしました
    一生懸命枝打ちしました。

    枝打ちが終わった造林地はとてもすっきりし、見ているだけで気持ちよくなる仕上がりでした。最後にダニが付いていないか、みんなで確認しあい、森林教室を閉会しました。
    陸別町は林業の町でもあるので、これからも森林について関心を持ち、多くのことを学び、一人でも多くの林業の担い手が育ってくれることを願っております。
     

    (主任森林整備官(経営・ふれあい)  桐山綾)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader