このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

                                                                                                              

     みんなで森林づくり

    イワクラ第3回植樹祭

     

    【胆振東部森林管理署】 


    令和元年5月25日(土曜日)、胆振東部森林管理署国有林苫小牧市丸山地区(1320林班)において、株式会社イワクラによる社会貢献の森「環境保全の森」第3回植樹祭が行われ、胆振東部森林管理署からは、中塚署長外3名の計4名が参加しました。

    岡本社長から開催の挨拶
    岡本社長から開催の挨拶

    株式会社イワクラは創業100年を記念し、平成24年度に胆振東部森林管理署と社会貢献の森協定を締結、平成25年度から4年間にわたり4.5ヘクタールの植樹活動を行ってきました。

    その後も暴風雨により被害を受けた森林の整備活動にも取り組みたいとの要請を受け、新たに社会貢献の森協定「環境保全の森」を平成28年度に締結しました。

    今年度は協定5年計画の3年目にあたり、カラマツ300本、トドマツ380本の合計680本の植樹活動を行いました。

    当日は、天候に恵まれたおかげで、気温もどんどん上昇する中汗だくになりながら約1時間ほどで植付けが終了、本日の植栽木が立派な森林になるよう参加者全員が思いを込めた記念標柱を設置しました。

    最後に参加者全員で記念撮影、植樹祭を終了しました。

    記念標柱の設置
    参加者全員で記念撮影
     

    (糸井森林事務所 早坂)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271