このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

                                                                                                              

     みんなで森林づくり

    「ニッセイ未来を育む森づくり」での育樹活動!

    【檜山森林管理署】 


    平成30年6月16日(土曜日)、知内町ミナゴヤ国有林「ニッセイ知内の森」において、育樹活動(除伐)が行われました。

    「ニッセイ知内の森」は平成5年12月に分収造林契約を公益財団法人「ニッセイ緑の財団」と締結し、平成6年5月にブナを植栽した分収造林地です。
    育樹活動(除伐)については、昨年度実施予定でしたが、悪天候により中止だったので、一年越しに無事実施の運びとなりました。

    当日は、作業指導員として、檜山森林管理署長をはじめ7名、知内町森林組合から2名、育樹活動ボランティアとして、”ニッセイの森”友の会・ニッセイ緑の財団から合わせて50名が参加し、開会式の後、4班に分かれ除伐作業を行いました。

    参加者全員での記念撮影
    参加者全員での記念撮影

    参加者は、指導員指導の下、将来立派なブナの森になる姿を思い描きながら除伐作業を行い、倒れる木や次第に明るくなる林内に感嘆の声を上げ、心地良い汗を流していました。

    除伐作業の様子
    除伐作業の様子

    除伐作業の様子
    除伐作業の様子

    また、参加者の中には、森づくりに対する素朴な疑問や将来伐採されたブナがどのように利用されるのか等の質問もあり、指導員も丁寧に答えました。この活動を通し、除伐作業と森林環境教育という幅広い育樹活動になったのではないかと思います。

    除伐の説明
    除伐の説明

    作業を終えて、自然の中での昼食
    作業を終えて、自然の中での昼食

     

    (森林整備官  伊塚)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271