このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     みんなで森林づくり

    平成30年度「第51回下川町植樹祭」開催
       ~カラマツ1,300本を植樹~

    【上川北部森林管理署】 


    平成30年5月18日(金曜日)、下川町渓和(けいわ)町有林において、下川町と上川北部森林管理署の共催による「第51回下川町植樹祭」を、下川町内の一般の方や幼児センターの園児、小中学生など総勢180名の参加で行いました。

     開会式の様子
    開会式の様子

    始めに谷一之下川町長と西上川北部森林管理署長による開会挨拶の後、高性能林業機械のデモンストレーションを行い、下川町森林組合造材班が操作するハーベスタとフォワーダによる伐倒から集材までの一連作業を見学しました。
    特に、ハーベスタにより木が倒れた際には参加者から歓声が上がりました。

    高性能林業機械デモンストレーション
    ハーベストによるデモンストレーション


    高性能林業機械見学後は、下川町の「一の橋地域おこし協力隊」が育成したカラマツコンテナ苗1,300本を植樹しました。
    当署職員は、小中学生を対象に植樹指導をしながら一緒に汗を流しました。
    植樹指導風景
    植樹指導風景
     
    参加者は、根鉢を崩さないよう慎重に苗をケースから抜いて植え付ける作業に苦労していましたが、苗木の生長を思い浮かべながら楽しそうに植樹を行っていました。

    記念植樹風景
    記念植樹風景

    参加者の中には、親子三代で参加しているご家族もあり、微笑ましい風景の中で和やかな植樹祭となりました。

    また、昭和50年代から、下川町で炭焼きの指導をされている「国際炭焼き協力会会長」の杉浦銀治先生(93歳)も植樹していただき、町長や署長、先輩方を中心に「昔を懐かしむ輪」が出来ていました。

     (一般職員:渕上)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271