このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     みんなで森林づくり

    紋別市第23回オホーツク魚の市民植樹祭

    【西紋別支署】 


    平成30年5月20日(日曜日)、紋別市大山パークゴルフ場跡地において紋別市、紋別漁業協同組合が主催で「第23回オホーツク魚の市民植樹祭」が開催されました。

    毎年、天候に恵まれ、初回から一度も中止になったことが無いそうです。

    今年も天候を味方につけ、会場には続々と参加者が集まり、歴代最多の約420人の市民が集まりました。

     会場の様子
    植樹際に参加されたみなさん

    参加者のみなさん
    参加者のみなさん

    今回の植樹祭ではエゾマツとグイマツの針葉樹100本、ミズナラ、イタヤカエデ、ナナカマド、ヤチダモの広葉樹(各50本)を合わせた300本が用意されました。

    この植樹祭は山(自然)が健康であると、それを源流とする川もその川が流れ着く海も健康であるということから、この山の植樹地には大漁旗が掲げられます。

    開会式では、実行委員長、紋別漁業協同組合長、紋別市の挨拶と西紋別支署長、オホーツク総合振興局西部森林室長の紹介があり、その後植樹指導が行われました。

    網走西部森林管理署西紋別支署では、後援として当日の運営などに携わりました。

    仲良くご夫婦で参加です
    仲良くご夫婦で参加です

    親子で植えました
    親子で植えました

    針葉樹の植え方は一般的な植樹の方法と変わりませんが、広葉樹を植えた後にハイトシェルターを苗木に被せ、リングと結束バンドで固定します。

    ハイトシェルターとは、光を通すプラスチックの筒のことで、エゾシカやネズミの食害から保護し、苗木の成長を促進するなど様々な効果があります。最後に記念プレートに名前を書いて完成となります。

    ハイトシェルターの設置の様子
    ハイトシェルターの設置の様子

    作業完了後
    作業完了後


    参加者はそれぞれのグループで自然と触れ合いながら終始楽しそうな様子で植樹を行っていました。

    植樹作業の後は、紋別漁業協同組合からホタテやカニ汁の海の幸をいただき、豊かな森と海になることを祈念して植樹祭は終了しました。

    海の幸を堪能
    海の幸を堪能
     

     


     (紋別森林事務所: 中西)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271