このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    札幌市立平岸高等学校で出前授業

    【北海道森林管理局】 


    令和2年12月8日(火曜日)北海道森林管理局企画課の平田係長が、札幌市立平岸高等学校のデザインアートコース1年生を対象に出前授業を開催しました。

    平田係長はイラスト漫画を作成して森林・林業・木材産業を普及啓発する業務を行っており、今回の出前授業では北海道の森林・林業の話の他、イラストを使った情報発信の仕事内容や意義についても講義しました。

    出前授業をする平田係長
    出前授業をする平田係長

    普段は山や森林に足を運ぶことはほとんど無いという都会に住む生徒達に、まだ自然豊かな原生林の残る北海道の森林の特徴や、普段の生活で地元の木を使うことが林業・森林を守り地球温暖化を防止することに繋がる事などを、イラストを中心に説明したところ、生徒達からは「北海道で少なくなっている木は何ですか?」「外国の木が日本に入ってくる事によるマイナスの点は?」など積極的な質問が出ました。

    地元の木を使うことの大切さをイラスト等で説明
    地元の木を使うことの大切さなどをイラストで説明

    また平田係長が森林官として国有林の現場を実際に歩いた経験を漫画にしたことや、専門家に何度もダメ出しを受けながら少しずつイラストの精度を上げていった話をした際には、デザインアートコースの学生らしく画材や作業時間についての質問がありました。
    また、「山を歩いていて一番怖かったことは?」「逆に楽しかったことは?」等、普段目にすることのない山の仕事に興味津々の様子でした。

    山の仕事に興味津々
    山の仕事に興味津々

    このような講義を通して、北海道の森林の未来を担う子供達に森林・林業を身近に感じてもらい、応援団になってもらえるよう、今後も活動を続けたいと思います。

    (広報主任官 志鎌)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader