このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    ドローン自動航行に係る技術指導を実施

    【留萌南部】 


    令和2年10月27日(火曜日)から28日(水曜日)の2日間、北海道森林管理局業務調整課から5名の指導担当者を迎え、当署においてドローン自動航行技術の巡回指導が実施されました。
    また、今回、留萌振興局森林室からドローンの飛行操作等に関する研修への講義の要請があり、これを受け、「道北地区林業普及指導員等研修」として、併せて実施しました。
    1日目は、振興局職員18名が参加し、当署国有林内でドローン飛行のデモンストレーションを行い、操作技術のスキルアップを図りました。

    ドローン飛行デモンストレーション
    ドローン飛行デモンストレーション

    2日目は当署職員17名と振興局職員も同席し、午前は無人航空機に係る航空法の内容説明や専用ソフトを用いてオルソ画像の作成方法について座学を受けました。
    午後からは、当署国有林内で、実際に自動航行の設定及び飛行実習などを行いました。
    自動航行が初めての職員が多かったため、飛行の際は慎重に操作を行っていました。

    座学の様子
    座学の様子

    自動航行現地実習
    自動航行現地実習

    当日は天候に恵まれ、無事に終了しました。
    今後もドローンを使用していくことで技術を向上させ、業務に活かせるよう努めていきます。


    (業務グループ 橋本(翔))

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader