このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    効率的な造林作業についての意見交換会とドローンの講習会を開催

     

    日高南部森林管理署】 


    令和2年11月4日(水曜日)、日高南部森林管理署管内東川国有林において、日高振興局森林室、管内市町村林務担当者、日高北部森林管理署及び当署職員が参加し、低コストで効率的な造林作業の取組について意見交換会ドローンの講習会を開催しました。

    ドローンの講習会については、町から要望があり、意見交換会に合わせて飛行に当たってのルールや操作技術について支援を行いました

    冒頭、署長より、低コスト造林の必要性とドローンの習熟に努めていただくようお話しました。

    開会式で梶岡署長の挨拶
    開会式で梶岡署長の挨拶

    続いて、森林整備官より大型機械地拵による造林コストの低減化、当署独自で進めている無地拵(枝条も存置)箇所の紹介と苗木の初期成長促進のための緩効性肥料の有効性について説明しました。

    効率的な造林作業等について説明
    効率的な造林作業等について説明

    参加者からは、「民有林の現状は小面積伐採が点在していること、そのため機械の移送費が掛かり増しとなること、日高地域では急傾斜地が多いことなど、現状では大型機械地拵は難しい。」との意見もありましたが、「造林経費の削減は必要と考えるので、今後は、大型機械地拵、無地拵など造林経費低減に向けた国有林での取組の実績を踏まえ、導入を検討していきたい。」との意見もありました。

    午後からは、ドローンの講習会を実施し、国有林でのドローンの活用事例や守るべきルールについて説明を行った後、4班に分かれ、それぞれドローン飛行を行いました。

    ドローンの活用事例やルールの説明
    ドローンの活用事例やルールを説明

    ドローンの飛行準備中
    ドローンの飛行準備中

    参加者からは、ドローンの購入価格や実用性についての質問があり、関心の高さがうかがえました。

    今回の意見交換会では、森林室や管内市町村の皆さんの考えや意見を交換をする貴重な場となりました。
    当署では、今後も日高地域における課題を解決するため、引き続き意見交換会や各種講習会等等を開催していく予定です。

    (業務グループ 鈴木陽己)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader