このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    間伐施業技術研修会に参加

     

    網走西部森林管理署】 


    令和2年10月28日(水曜日)に網走西部森林管理署管内丸瀬布国有林において、オホーツク総合振興局東部森林室が主催する令和2年度間伐施業技術研修会が開催されました。

    この研修会は民有林と国有林が、その垣根を越えて森林整備等を一体となって行う取組の一環として、オホーツク総合振興局東部森林室からの依頼に網走西部森林管理署がフィールドを提供する形で実現しました。

    開会式
    開会式

    当日は時折雨がパラつく微妙な天候でしたが、幸いにして中止になるほどでは無く一安心。
    当署からは若手を中心に7名の職員が参加したほか、オホーツク総合振興局管内の森林管理署職員や自治体職員の方々も参加し、延べ60人以上と賑やかな研修会になりました。

    研修会
    研修会の参加者

    会場である丸瀬布地区の国有林は、今年度の間伐事業を実施している森林で、林内を歩いて間伐施業の現場を見学しました。
    間伐事業を実施している佐藤木材工業株式会社では、効率的な間伐施業のために海外製のホイール式ハーベスターを活用しています。

    海外製のホイール式ハーベスター
    海外製のホイール式ハーベスター

    さっそく、参加者の前でデモンストレーションが始まりました。
    ハーベスターは長いアームを器用に動かし、伐倒・枝払い・玉切りの一連の動作をスムースにこなしていきます。
    めきめきと大きな音を立てて次々と丸太ができあがる光景に、圧倒されてしまいました。

    海外製のホイール式ハーベスター
    伐倒・枝払い・玉切りの一連の動作を見学

    佐藤木材工業株式会社から、ハーベスターについて解説を受けました。

    ハーベスターについて解説
    海外製のホイール式ハーベスターについて解説

    海外メーカーで1ヶ月の研修を受けたこと、ホイール式のメリットである作業スピードの速さ、傾斜地に対応させたタイヤチェーンについてなど、興味深い話に参加者は思わず「なるほど」と感嘆していました。

    ハーベスターを近くで観察
    海外製のハーベスターを近くで観察

    間伐施業について知識を深める、有意義な時間となりました。
    間伐について、農林水産省のYouTube"BUZZ MAFF"で紹介していますので、合わせてご覧ください!!

    (業務グループ 三田武)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader