このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    北海道猟友会札幌支部による「安全な狩猟のための」新人説明会の開催

     

    石狩森林管理署】 


    令和2年9月28日(月曜日)、18時30分から札幌市西区宮の沢 札幌市生涯学習総合センター「ちえりあ」大研修室において、北海道猟友会札幌支部の主催による新人説明会(狩猟免許を取得し3年未満の者を対象)が開催されました。(37名参加)


    会場
    説明会の様子

    始めに、北海道森林管理局及び石狩森林管理署から(1)狩猟免許更新時の資料を使用した森林管理者からのお願い、(2)「お山ん画」(北海道森林管理局職員が描いた山仕事の紹介漫画)による森林官の仕事の紹介、(3)狩猟時期に当署職員が山に行く際のスタイルを職員がモデルとなり紹介、(4)狩猟期における不適正事案の紹介等を行いました。
    意見交換では新人狩猟者から活発な質問が出され、有意義な時間となりました。

    職員が山に行く際のスタイル
    職員が山に行く際のスタイルを説明

    その後、猟友会より安全狩猟には欠かせない基本3点、すなわち、(1)獲物の確認、(2)矢先の確認、(3)脱包の励行、の徹底等について話があり、約2時間の新人説明会を終えました。

    当署では、昨年11月の「狩猟者のための森林講座」に引き続き、本年8月10日には、「浦臼国際ライフル射撃場」での猟友会札幌支部主催の練習射撃会の場においても、署次長が注意喚起を行っており、本年2回目の実施となりました。
    今後も、安全な狩猟を行っていただくため、猟友会支部による各種取組みへの協力を継続していくこととしています。

    (次長 窪井)

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader