このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    防風林の施業に関する現地検討会を宗谷地区森林計画実行管理技術研修会と兼ねて開催!


    【宗谷森林管理署】 


    平成30年10月10日(水曜日)に、今年度の当署の地域重点課題である「防風林の施業」に関する現地検討会を開催しました。
    浜頓別町の国有林では、間伐と植栽についての検討を行い、民有林で間伐と枝打についての検討を行いました。
     

    当日は、宗谷管内市町村担当者、森林組合、指導林家、青年林業士、宗谷総合振興局等総勢38名が参加しました。

    開会
    現地検討会開会

    国有林の間伐については、過去の伐採列を利用するなどミニグラップルが入れる列状を基本に風向きに配慮したチェンソー伐倒とし、全木で搬出路の近くに集積し、集積した材はハーベスタで2mに玉切ることとしている箇所を見ていただきました。
    参加者から「次回以降の間伐については、ワイヤーで集積する定性間伐が良いのではないか」との意見もありました。

    参加者からの意見
    参加者との意見交換

    また、植栽については、今年度の防風垣の施工状況と昨年度にアカエゾマツとミズナラの植栽した箇所の生育状況を見ていただきました。

    植栽箇所
    アカエゾマツとミズナラの植栽した箇所

    民有林については、今年度に間伐と枝打ちを同時に実施した箇所を見学しました。

    民有林
    民有林の間伐、枝打ち箇所

    なお、当日は、宗谷総合振興局森林室と北海道森林組合連合会とが主催する宗谷地区森林計画管理技術研修会のカラマツ更新伐の現地検討会も併せて実施しました。

    民有林更新伐
    民有林更新伐実施箇所

    今回の現地検討会は、異なる施業を行っている森林を見ていただいたことから、森林の施業について考える機会となったものと思います。 

     


                                                                                        (森林技術指導官  中家)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader