このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     各地からの便り

    「旭川農業高等学校森林科学科生森林土木工事現場見学会」

    【上川中部森林管理署】 


    平成30年9月18日(火曜日)、上川郡美瑛町白金の十勝岳治山工事現場(上川中部森林管理署1072林班)北海道立旭川農業高等学校森林科学科1年生39名と引率の先生2名が訪れました。

    今回の現地見学会は、将来、技術分野の官公庁や民間会社への就職を希望している生徒さんが、実際の森林土木工事の現場監督職員や建設会社の技術者やオペレーター等の仕事を見学することで、将来の進路を考える際の参考にしていただきたいとの思いから旭川林業土木協会が主催し、北海道森林管理局・上川中部森林管理署が協力したものです。

    旭川農業高等学校にて、旭川林業土木協会川本副会長理事の挨拶、上川中部森林管理署の治山グループ職員紹介のあと、現地へ向けて出発、途中、美瑛町「青い池」を経由し、国立大雪青少年交流到着、研修室にて、上川中部森林管理署髙金総括治山技術官より「国有林の紹介」「治山事業の意義・重要性」「十勝岳治山工事の目的、見学工事の概要」について、説明を行いました。

    昼食休憩後、現地へ向かい、施工業者である、新谷建設株式会社の現場代理人の石山様から、工事概要等について説明があり、その後、平成30年施工の第6号コンクリート導流堤の天端に上り、スケールを体感、生徒さんたちは真剣なまなざしで見学、その後、担当者に「工期はどのくらいかかるのか」等の質問をしていました。

    導流堤見学
     コンクリート導流堤の見学

    記念写真
    第6号コンクリート導流堤をバックに記念撮影

    最後に参加した生徒の代表からは、「今日学んだことを将来の進路に生かせるよう頑張りたい」とのお礼の言葉があり、無事見学会は閉会となりました。


                                                                                        (上川中部森林管理署・治山技術官・大山)

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader