このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    知床森林生態系保全センター紹介

    業務内容

    知床森林生態系保全センターでは主に知床世界自然遺産に関わる業務を行っています。クリックすると各事業の詳細が表示されます。

    河川工作物の改良 サケの遡上数等調査 オショロコマ生息等調査
    河川工作物の改良
    サケ類の遡上数等調査
    オショロコマ生息等調査
         
    森林植生等調査事業(広域採食圧調査) エゾシカの捕獲事業 ミズナラ堅果調査
    森林植生等調査事業
    (広域採食圧調査)

    エゾシカの捕獲事業 ミズナラ堅果調査

    その他の業務



    ヒグマ対策

    • 登山口においてヒグマの出没情報の発信をしています。
    • 関係機関と共にヒグマに関わるさまざまな課題について取り組んでいます。

    適正利用・エコツーリズム

    適正利用の推進のために、歩道整備や普及啓発を実施しています。

       

    シマフクロウの保護

    繁殖・生息状況の巡視やマナー啓発、巣箱の確認などを行っています(委託業務)。

       
    環境教育

    環境教育

    依頼があれば、知床の森林や遺産管理について紹介します。

     

    主な活動区域

    知床自然遺産地域(陸域)の約95%を占める国有林を保護林(知床森林生態系保護地域)として管理しています。

    活動区域図
    (クリックで拡大)

    保護林についてはこちら(北海道森林管理局HPリンク)
    緑の回廊についてはこちら(北海道森林管理局HPリンク)

    広報紙「知床の森から」

    過去に発行していた、当センターの業務紹介紙です。
    バックナンバーをご覧ください。

    お問合せ先

    知床森林生態系保全センター

    〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウトロ東番外地
    ダイヤルイン:0152-24-3466
    FAX番号:0152-24-3477