このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    下川のニレ(下川町)

    ニレの木は、高さ10m付近までまっすぐに伸び、途中から枝分かれしている。

    周囲の樹木と比べて際だった大きさを誇っており、この周辺の「山の主」的な存在で、国有林内の隠れた名勝地となっている。

    平成18年10月7~8日に通過した低気圧の強風により幹が折れる被害を受けた。

    平成19年、折れた幹の処理を行い、現在は切株が残されている。

    なお、平成20年秋に切株の周辺にクローン苗木の植裁をした。

    平成22年より、倒木の一部が下川町内西町の桜ヶ丘公園内センターハウス「フレペ」に展示されている。

    下川のニレ

    所在地  上川郡下川町
    樹種  ニレ
    樹齢  推定300年以上
    樹高  樹高27m
    幹周  644cm
    胸高直径  205cm
    交通アクセス
     [自家用車]
    下川町一ノ橋市街地から国道239号を東に1km走行した地点の林道を約10km進むと、右側50m前方にある。
    管理署 上川北部森林管理署

     

    下川のニレ2

    お問合せ先

    上川北部森林管理署
    TEL.01655-4-2551