このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    令和2年度「パイロットフォレストにおけるカラマツ人工林の超長伐期化と齢級構成平準化に向けた検討会(第3回)」の開催について

    • 印刷
    令和3年1月21日
    北海道森林管理局
    根釧西部森林管理署管内(標茶町)のパイロットフォレスト(注)においては、昭和31年から10年間、約1万ヘクタールの無立木地に木材生産力の増大等を目的にカラマツを植栽し、整備してきました。
    現在、50年~60年生になっているカラマツ人工林6千ヘクタールについて、「200年の長伐期化と齢級構成の平準化に向けた検討」として、第1回検討委員会、第2回現地検討会を経て、今般「令和2年度パイロットフォレストにおけるカラマツ人工林の超長伐期化と齢級構成平準化に向けた検討会(第3回)」を下記のとおり開催しましたのでお知らせします。
    北海道森林管理局においては、各検討会で出された意見等を踏まえて、今後超長伐期化と齢級構成の平準化を目指す施業方法等の具体的な検討を進めて参ります。

    (注)パイロットフォレスト・・・北海道の東部、釧路市から東北に約50キロメートル、厚岸湖に注ぎ込む別寒辺牛(べかんべうし)川の上・中流部に位置する国有林のうち、計画的に造成してきた約1万ヘクタールの森林を「パイロットフォレスト」と呼んでいます。

    1.目的

        パイロットフォレストにおけるカラマツ人工林を対象として、地況・林況、野鼠害・風害等のリスクを踏まえ、超長伐期施業
        の適地を選定し、超長伐期で齢級構成の平準化を目指す施業方法の検討、主伐規模のシミュレーション等の検討を行う。

    2.開催日時等

    1. 日時
      令和3年1月18日(月曜日)13時30分~15時45分
    2. 場所
      北海道森林管理局 大会議室

    3.議事

    1. 事業の検討経過に関するふりかえり
    2. 調査結果のまとめ
    3. 長伐期化の適否区分の検討
    4. 長伐期林分の密度管理手法の検討
    5. 齢級構成平準化に向けた施業方法等の検討
    6. その他

    4.添付資料

    1. 検討会委員名簿(PDF : 62KB)
    2. 会議資料(PDF : 5,621KB)

    お問合せ先

    北海道森林管理局 計画保全部 計画課

    担当者:森林施業調整官 中嶋
    ダイヤルイン:011-622-5241