このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    こんにちは森林官です!

    広大な国有林の最前線・森林事務所に勤務し、国有林を守り育てている森林官から届いたメッセージ紹介します 

    こんにちは森林官です!(雄別森林事務所)

    根釧西部森林管理署 雄別森林事務所  森林官  前畑  慎一

    管内概要

    雄別森林事務所は、道東の釧路市阿寒町に所在し、約13千ヘクタールの国有林を管理しており、飽別森林事務所との合同森林事務所となっています。

    「阿寒」といえば「阿寒湖」にあると思われている方が多くいらっしゃいますが、私が勤務している阿寒町は、釧路市と阿寒湖の中間に位置しています。最近では道東自動車道の阿寒ICが開通したことにより認知度も上がってきたと思います。

    雄別地区の見所としましては、昭和45年に閉山となった雄別炭鉱跡や日本国内で最後に発見された湖といわれている「シュンクシタカラ湖」があります。

    シュンクシタカラ湖は、針葉樹と広葉樹が混交する鬱蒼とした森林に囲まれており、多様な野生鳥獣が生息し保護増殖を図るため鳥獣保護区として指定されています。また、水は周囲の山々より流れ込んでいるのに、流れ出す川がなく、未だに全容が解明されていません。

    湖には春から秋にかけて道内外から観光客の方々が訪れますが、アクセス道路の距離が長く、降雨などにより通行ができないこともありますので、お越しの際は森林事務所までお問い合わせいただきますようお願いします。

    シュンクシタカラ湖
    シュンクシタカラ湖

     

    森林官の仕事

    森林官の仕事は、担当区内の森林の現況や間伐など森林を整備するための調査業務、民有地との境界を点検する管理業務、植付・下刈などの森林育成にかかる請負事業の監督業務、国有林や林道のパトロール業務など多種多様な業務があるため、日々、現場である山の中で仕事をしています。

    今回は林道の管理業務について紹介します。林道は森林の整備・保全や林産物の供給等を行うための大切な施設ですが、林道の側溝等が落葉や土砂で詰まると、水が溢れ林道を痛めるため、スコップ等で側溝や管詰まり箇所の整備を行っています。

    側溝の清掃作業
    側溝の清掃作業

    また、林道上に覆い被り、通行の支障となる枝等を高枝切鋸を使用して整備を行っています。

    他にも林道上を水が流れたり、水溜まりができないように水切りをするなど簡易的な林道の維持修繕を行い、安全に通行できる林道となるよう管理していきます。

    枝の切り落とし作業
    通行の支障となる枝の切り落とし作業



    地域の窓口として

    秋を迎え、紅葉やキノコ狩り、釣り等で山に入る方が増える季節です。

    入林の際は、気軽に森林事務所にご連絡いただければ林道の通行状況やクマやハチなど山に関する情報をお伝えできますのでお問い合わせください。

    今後も地域の窓口、地域とのパイプ役の森林官として、少ない人員ではありますが、職員一丸となって国有林野の管理に努めていきます。

     

     

    根釧西部森林管理署
    雄別森林事務所
    住所:北海道釧路市阿寒町富士見2丁目10-6-1
    電話:0154-66-3969

     

    お問合せ先

    総務企画部企画課
    ダイヤルイン:050-3160-6271

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader