このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    北海道森林管理局

    エゾシカ対策に伴う事業の調整について

     北海道における近年のエゾシカの著しい増加による農林業被害や交通事故などが増大する中、北海道森林管理局では、エゾシカの捕獲頭数拡大に資するため、北海道森林管理局が発注する各請負事業(造林、林道、素材生産及び治山)、収穫調査等の委託事業及び立木販売(以下、「各事業」という。)について、平成22年度より事業期間内(立木販売は搬出期間内)の作業休止の積極的な設定に取り組んでいます。


    このため、各入札物件につきまして、個体数調整のための捕獲(有害駆除等)が行われる期間や猟期における土・日・祝日等及び年末年始等をあらかじめ作業休止期間とすることを条件に附す場合がありますので、入札参加に当たっては、個々の入札公告等を熟読願います。

    また、各事業の契約後に、地域の要請に基づく個体数調整のための捕獲等に協力するため、当該事業にかかる作業の一時休止について請負者(立木販売は買受者)と協議をさせていただく場合があります。

    入札参加者におかれましては、エゾシカの急増により発生している様々な問題の解決のために行う当措置へのご理解とご協力をお願いします。 

    お問合せ先

    北海道森林管理局
    森林整備第一課
    森林整備第二課
    資源活用第一課
    資源活用第二課
    治山課
    代表:011-622-5213