このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    令和2年度全道一括銃猟入林手続きについて

    平成30年11月20日に発生した狩猟者の誤射による当局職員の死亡事故に鑑み、令和元年度の狩猟期間においては、平日の銃猟を禁止としつつ、関係機関が連携し、様々な銃猟安全対策に取り組んできたところです。
    令和2年度については、昨年度の実施結果を踏まえ、引き続き銃猟安全管理に取り組み、森林内作業者等の安全確保の徹底を図るため、銃猟立入禁止区域を設定しますが、これ以外の区域(可猟区域)における平日の銃猟が可能となるよう制限を緩和いたします。
    なお、北海道森林管理局としましても、エゾシカ捕獲対策の推進に引き続き取り組んで参りますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    1.全道一括銃猟入林合同説明会について

    今年度については、新型コロナウィルス感染防止の観点から、また、届出者全員が安全遵守事項等の確認を行うことをもって銃猟入林証等を発行することとし、合同説明会を開催しないこととしました。

      

    2.全道一括銃猟入林手続きについて

    上記のことから、全道一括銃猟入林手続きにあたっては、「確認書」の提出を必須とします。
    同時に事務手続きの簡素化の観点から、郵送又は持参による届け出に加え、FAXでも受け付けることといたします。
    また、オンラインによる手続きにも取り組むこととしました。手続きの手順や、受付期間等については、それぞれ異なりますので、別紙を熟読のうえ全道一括銃猟入林の手続きをお願いいたします。
    なお、郵送等による届け出をご検討される方で、届け出用紙等を入手するのが困難な場合は、北海道森林管理局 保全課(札幌市中央区宮の森3条7丁目70番)あるいは最寄りの道内各森林管理署にお問い合わせ下さい。

    1. 別紙 「鳥獣の捕獲等を目的として入林する場合の手続き」と「手続きの流れ」(PDF : 897KB)
    2. 安全遵守事項等(PDF : 1,145KB)
    3. 確認書(PDF : 749KB)

      手続きの詳細はこちらをご覧ください。

    お問合せ先

    計画保全部 保全課

    担当者:藤本、久田
    ダイヤルイン:050-3160-6286
    FAX番号:011-616-4021