このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    令和2年度ブナ林結実調査結果について

    • 印刷
    令和2年10月1日
    林野庁 中部森林管理局

    ブナは種子の生産量が年によって大きく異なる豊凶現象があり、この現象はブナの世代交代やクマの行動に影響を与えています。
    中部森林管理局では、こうした現象を研究している(国研)森林整備・研究機構森林総合研究所から依頼を受け、平成17年度から管内国有林(富山県、長野県、岐阜県、愛知県)に所在するブナ林の結実調査を実施しています。
    令和2年度の調査結果(34国有林96地点)がまとまりましたのでお知らせします。
    今回の調査では、全ての調査箇所において結実した木が見られませんでした。

    1.結実木の割合の推移について

    平成17年度以降の各県別結実木の割合の推移は以下のとおりです。

    2.結実木の着果状況の推移

    平成17年度以降の結実した木の種子の付き方(着果状況)の推移を見ると、長野県と岐阜県においては、平成27年度まではおおむね1年毎に結実の多少を繰り返してきましたが、平成28年度以降はその傾向に変化が見られます。富山県においては、1年または2年毎に結実の多少を繰り返してきました。愛知県においては、他の3県のような結実の周期は見られません。平成26年度に富山県を除く3県で結実が見られないという結果となりましたが、令和2年度は4県全てにおいて結実が見られませんでした。


    富山県
    23地点
    (8月中旬~8月下旬)
    長野県 26地点 (8月中旬~9月上旬)
    岐阜県 40地点 (8月上旬~9月上旬)
    愛知県 7地点 (9月上旬)

    ブナ結実調査箇所位置図(PDF : 6,858KB)

    お問合せ先

    技術普及課
    担当者:技術開発主任官
    電話:050-3160-6548
    FAX:026-236-2611