このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    令和2年度 堅果類(ブナ・ミズナラ・コナラ)の豊凶調査結果について(長野県)

    • 印刷
    令和2年9月18日
    林野庁 中部森林管理局

    中部森林管理局では、長野県内の国有林213箇所において、堅果類(ブナ・ミズナラ・コナラ)の豊凶調査を実施しました。(調査時期:8月中旬~9月上旬)

    1.令和2年度 長野県内の堅果類豊凶調査結果について

    国有林が所在する10地域において調査を実施しました。

    樹種及び地域によりばらつきが見られるものの、昨年に引き続きブナは凶作(不作~凶作)、ミズナラは不作(並作下~凶作)、コナラは不作(豊作~凶作)となっています。

    2.地域別の豊凶調査の結果

    参考】長野県の『令和2年度 堅果類豊凶調査結果及びツキノワグマ出没予測 』

    9月下旬頃に長野県のホームページ(以下のURL)において公開されますので、併せてご覧くださいhttps://www.pref.nagano.lg.jp/yasei/kensei/soshiki/soshiki/kencho/yasechoju/index.html

    お問合せ先

    森林整備部 技術普及課
    担当者:技術開発主任官
    電 話:050-3160-6548
    FAX:026-236-2611