このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    令和2年7月豪雨による林地被害状況等の調査(7月17日実施)について(ヘリコプターによる上空からの調査報告)

    • 印刷
    令和2年7月17日
    林野庁 中部森林管理局

    中部森林管理局では、7月3日及び16日に実施したヘリコプターによる上空からの調査に加え、令和2年7月豪雨に伴う林地被害等の発生状況について、17日に調査を実施しましたので、概要をお知らせします。
    (林野庁中部森林管理局と岐阜県の合同ヘリ調査)

    1.調査場所及び日時

    岐阜県高山市及び飛騨市(飛騨森林管理署管内)
    令和2年7月17日(金曜日)10時30分~12時00分

    2.実施機関

     林野庁中部森林管理局、岐阜県
    (林野庁中部森林管理局と岐阜県との合同ヘリ調査)

    3.調査結果

    別添のとおり。(PDF : 1,359KB)

    調査は国有林を中心に行いましたが、飛行範囲内の民有林の状況についても確認しています。

      また、今回の調査にあたっては、(国研)宇宙航空開発機構(JAXA)と農林水産省との「農林水産分野における地球観測衛星データ等の利用の推進に関する協定」(令和元年10月1日締結)に基づき、JAXAの「だいち2号」の緊急観測により土砂移動と推定された箇所を踏まえて、飛行ルートを設定しました。

    お問合せ先

    (調査概要及び写真の提供について)
    林野庁 中部森林管理局 企画調整課
    担当者:岡田、開藤
    電話:050-3160-6506

    (JAXAと農林水産省の協定について)
    林野庁 国有林野部 業務課 災害対策班
    担当者:山内、和田
    電話:03-3502-8349