このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    木づかい推進月間関連「木づかいセミナー~木を知り、木を楽しむ~」が開催されます


    10
    月は「木づかい推進月間」です。
    国土面積の約3分の2を森林が占める、世界でも有数の森林国である日本では、現在、戦後造成されたスギやヒノキなどの人工林を中心に本格的な利用期を迎えています。
    木材を使うことは、「伐って、使って、植えて、育てる」という人工林のサイクルの一部です。
    林野庁では、平成17年度から、木材を利用することの意義を広め、国産材利用を拡大していくための国民運動として「木づかい運動」を展開しており、特に10月は「木づかい推進月間」として、集中的な取組を推進してきました。
    今回、1028日に名古屋で開催されるセミナーでは、多様な分野で活躍されている方々から、木づかいの実践と拡がりについて紹介がされます。

    イベント概要

    日時

    10月28日(土曜日)13時30分~15時30分

    場所

    ウッドワンダーランド2017オープンステージ(ポートメッセなごや、愛知県名古屋市)

    内容

    基調講演「木の香りと健康」谷田貝 光克 (香りの図書館館長、東京大学名誉教授)

    事例紹介1「木のおもちゃで地域を元気に~東京おもちゃ美術館の木育事業~」馬場 (東京おもちゃ美術館副館長)

    事例紹介2「ゆずの木との出逢い」古関 あさ珠 (東京多摩国際プロジェクト・銀座かずや 創業者)

    事例紹介3「木の本当の価値を知ること」加藤 (国際航業株式会社 執行役員)

    パネルディスカッション

    木づかいシンポジウム2017in名古屋チラシ(PDF : 777KB) 

     

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader