このページの本文へ移動

中部森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    天生(あもう)GSS活動報告(令和3年6月)

     

     

    令和3年6月

    過去のブログ

    令和3年5月

    令和2年

    令和元年

    平成30年

    平成29年

    平成28年

    平成27年

     

    令和3年6月29日(火曜日)

    カラ谷湿原の中を横切る木道…。
    今まで当たり前の風景でしたが、良く見ると趣きのある風景です。

        
    『ウワバミソウ』の花です。
    飛騨地方ではミズナとも言われ、山菜として人気です。
    比較的どこにでもあるミズナですが、花をクローズアップしてみました。
    秋になるとムカゴができる為、実はよく目にするですが、花はなかなか注目する機会がありませんでした。
    こんなにも、透明感があり繊細な花をつけます。

     
    こちらは『ヒルムシロ(蛭筵)』という浮葉性の水草です。
    今まで、水の上に何か浮いているな…としか見ていませんでした。
    しかしこちらも、しっかると名前のある植物です。

    そして、このヒルムシロにも花はしっかりと咲きます。
    土筆坊のようです。

    ピンク色の花…肉眼でははっきりとは確認できません。
    接写カメラでやっとこの形をとらえる事ができました。
    今まで、見逃してきた、見過ごしてものも、違う目線を持って見てみると、新たな発見があります。

    令和3年6月24日(木曜日)

    本日のカツラ門です。
    天生の重鎮は、いつも荘厳な佇まいで私たちを迎え入れてくれます。

        
    エゾハルゼミに出会いました。
    6月初旬~中旬、天生の林内はエゾハルゼミの大合唱でした。

        
    今年は、ツチハンミョウをよく見かけます。
    青光りして綺麗なツチハンミョウ、目に付きやすいです。
    この珍しい姿にも遭遇!右がメス、左がオスです。
    見分けるポイントは触角にあります。

    令和3年6月22日(火曜日)

    天生湿原では、コバイケイソウの奥にワタスゲが咲き始めました。
    ワタスゲの白い絨毯が広がっています。


    湿原周りではツマトリソウが可憐に咲いています。


    ゴゼンタチバナは、葉が6枚になると花を咲かせてくれます。
    葉が4枚のものも見かけますが、花は咲きません。


    ギンリョウソウはユウレイソウとも言われます。
    葉緑体を持たない花なので、半透明の白色です。

    令和3年6月17日(木曜日)

    今年の梅雨は、天気予報に反して天気の良い日が多い印象です。
    本日の天生湿原です。


    天生の森で初めて顔を見ることができました!
    『モリアオガエル』です。
    毎年、湿原内の木に産卵したものは良く見ますが、ご本人達との遭遇は初めてです。
    夢中でカメラを向けました。

    木平湿原あと何百m??誰かがいたずらをしています。

    正体は、この蛾でした!あと300mです。
    上手に同化しています。

    令和3年6月15日(火曜日)

    晴れの天生湿原。
    今年は『コバイケイソウ』の花が沢山咲きました。
    コバイケイソウは毎年咲きません。開花は数年に1度です。


    花は円錐形につきます。
    まだ蕾のものもあります。
    蕾から咲き始めにかけての雰囲気が1番好きです。

    コバイケイソウの群生が湿原の周囲を囲んでおり、湿原全体が賑やかです。
    コバイケイソウはユリ科です。
    ユリ科独特の、あの…ムンムンとした香りが、湿原内を漂っています。
    コバイケイソウの後にはバイケイソウが控えています。
    天生では、コバイケイソウとバイケイソウ、両方とも見る事ができます。

    本来は白いニリンソウの中に紛れ込んで…緑色のニリンソウです。
    なかなか出会う事ができない珍しい色です。
    四つ葉のクローバーを探すように、探して歩かれる方もいます。
    先週6月10日に撮影したものです。本日は時期終わりで…姿がありませんでした。

    令和3年6月10日(木曜日)

    梅雨の晴れ間が続く今週、天生へは多くの方が訪れています。


    湿原では、『ミツガシワ』が見頃です。
    写真では、葉を確認できませんが、3枚の小葉をつけます。
    その小葉が家紋の「三柏紋」に似るため、ミツガシワといいます。

    ミツガシワの花です。
    白い髭がもじゃもじゃと繊細です。


    登山道沿いにはツツジ科の『ムラサキヤシオ』が満開を迎えています。

    雄しべと雌しべが張り出したその花全体は、蝶のように華やかです。

    令和3年6月2日(水曜日)

    本年もコロナ対策の為、事前受付で登山届けの記入をお願いしています。


    登山届けを持って、こちらの受付へ向かってください。
    受付で、登山届けの提出と検温をお願いしています。

    キヌガサソウが咲き始めました。
    大きな葉と大きな花、目を惹く花です。

    天生では、キヌガサソウが群生している箇所があります。
    大きな花が群生していると見応えと迫力があります。

    カラ谷分岐ではニリンソウ。今が見頃です。
    こちらは、ニリンソウが三輪咲いたものです。

    同じくカラ谷分岐のサンカヨウです。
    カラ谷分岐は、サンカヨウとニリンソウの畑になっています。

    エンレイソウも大きな葉に花をつけました。