このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    管内の特徴

    1. 秋田県の北部、米代川の下流域にあたる能代市、男鹿市、潟上市及び山本郡と南秋田郡内の3市5町における国有林約45,183haを管轄しています。
    2. 林地面積の5割を占める人工林は、良好な生育を示し、蓄積では6割を占めています。
      また、天然林はブナなどの広葉樹林が大半を占めています。
    3. 北部には、広大なブナ林が広がる白神山地森林生態系保護地域が所在し、「白神山地」として世界自然遺産に登録されています。
    4. 米代川河口周辺の海岸防災林は、藩政時代から植林が行われた歴史的な箇所です。
      「風の松原」と呼ばれ、ジョギング等市民の憩いの場として利用されています。
    5. 藩政時代から天然秋田スギの産地として、また、豊富なスギ人工林資源を背景にして木材産業が発達しており、地域経済に大きな役割を果たしています。

    森林の現況

    区分 面積 蓄積
    (ha) 比率(%) (千m3) 比率(%)
    林地 人工林 22,482 50 5,616 64
    天然林 20,433 45 3,116 36
    林地外 2,268 5 4 0
    合計 45,183 100 8,736 100

    端数処理の関係から計が合わない箇所あり

    機能類型

    森林現況

    お問合せ先

    米代西部森林管理署

    ダイヤルイン:0185-54-5511
    FAX番号:0185-54-5514

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader