このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ペレットストーブとは

    当署では木質バイオマス活用のためペレットストーブを導入しております。

    現在使用している機種と燃料

    山本製作所製

    BPS-903

    ペレットストーブの画像

    使用可能燃料

    木質ペレット規格:直径約6mm長さ25mm以下

    • 樹皮ペレット
    • 木部ペレット(現在使用・展示中)
    • 混合ペレット

    今なぜペレットストーブなのか?

    平成21年12月25日に策定された「森林・林業再生プラン」が目指す木材自給率50%達成のための方法のひとつである「木材利用を拡大」するためにも木質バイオマスの利用を進めています。

    また、ペレットは再生可能なエネルギーであること、二酸化炭素排出量についてもカーボンニュートラル(二酸化炭素中立性)であること、そして国内でエネルギー生産ができるようになること等、森林・林業を活性化します。

     

     (参考)

    リンク先へジャンプします。

    森林・林業再生プランのホームページhttp://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kikaku/091225.html

    期待される木質バイオマスのある暮らし http://www.rinya.maff.go.jp/seisaku/sesakusyoukai/biomass/top.html

     

    ペレットストーブの画像2

     

    当署では「木質ペレットのできるまで」を一緒に展示しておりますので、お越しの際はストーブと一緒にご覧下さい。

    お問合せ先

    米代西部森林管理署

    ダイヤルイン:0185-54-5511
    FAX番号:0185-54-5514

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader