このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ドローンを安全に飛行させるための講習会を実施しました


      今年度 津軽森林管理署にドローンが1機導入されました。青森県内の森林管理署では、今のところ 青森森林管理署と当署の2署のみです。
      このほど、ドローンを安全に飛行させるための講習会を、近隣の津軽森林管理署金木支署、津軽白神森林生態系保全センター、森林技術・支援センターに声をかけ、講義と実技を2日間にわたり実施しました。
      その様子を写真で紹介します。

    講義の様子

      無人航空機とは、航空法2条により その定義が定められています。
      機体の種類は、固定翼機と回転翼機に大別されており、私たちが 「ドローン」 と呼んでいるものは、回転翼機のうち 「マルチコプター型」 と言われています。回転翼機には、このほか 「ヘリコプター型」 があります。
      このほかの講義内容としては、テキストに従い 「機体の動き・機体にかかる力学編」 「気象・風編」 「関係法令編」 「利用事例」 「フライト準備編」 「操作編」 について説明を受けました。  
      操作にあたっては、気象条件と電波の特性をよく理解していないと、迷子にしてしまうなぁ...という印象を持ちました。
      初日の講師は、津軽署の次長が担当しました。講義の様子を写真で紹介します。

      講義の様子

      本体構造の説明 

      送信機の説明 

      ドローン本体です (飛ばされる方)
      サイズ  縦・横  289.5mm    高さ  196mm    重さ  1380g

      コントローラーです (飛ばす方)
      サイズ  縦  182mm    横  172mm    高さ  105mm    重さ  846g

      ドローン本体とコントローラーのセット (上司と部下  みたいな...)
      
      フライトシミュレーター ( 思ったよりコントロールが難しい )


    実技の様子

      2日目の実技は、弘前市岩木の百沢スキー場の駐車場をお借りして実施しました。
      実技の講師は、ドローンを納入した竹谷商事の方が担当しました。
      前日の講義のおさらいをして、飛行までの手順を確認しました。
      (ア)コントローラーのスティックの操作は やさしく ゆっくりと
      (イ) 風に注意 特に地形によっては上昇気流が発生するので、十分注意してほしい。回収のリスクを考えると 風の強い日は無理して飛ばさないこと
      (ウ) 傾斜地や草むら、林道への着地は、バランスを崩し本体や羽根を破損する恐れがあるので、両手でキャッチしてほしい
      (エ) 防水対策はされていないので、雨降りの時は飛ばさない
      (オ) 飛んでいる鳥は ドローンに興味を持つので、ケンカはしない すぐに逃げる などの注意事項が話されました。
      実技の様子を写真で紹介します。

      まず 箱から出します (始めは 恐る恐る)

      羽根を取り付けます ( 両隣の羽根とは回転方向が違います )

      コントローラと本体の無線通信が出来ているか
      タブレットで飛行前の点検を行います

      無事に離陸 ( 背景は 岩木山 )

      講師のアドバイスを受けながら交代で操縦します

      女性職員も操縦  ( ドローンが遠くになると見えにくい )

      着地は 両手でキャッチが基本 ( 羽根の音が怖い ハチの大群のよう )

    ドローンからの眺め
     



    あとがき

      講師の方は、今回の場所は 駐車場で上空の見通しが良く、ほぼ無風状態なので かなり条件が良い とのことでした。
      条件が良かったこともあり、参加した職員 約20名は、交代しながら全員がドローンの操作を行うことができました。
      思ったより操作は簡単だな という印象でしたが、機体が遠く離れるとスティックの操作と進んでいる方向を把握するのに慣れが必要だな と感じました。
      これから、実際に現場で使用する事になりますが、林道上や沢すじなど、上空が狭い場所での操作になるので、地上からの高さと樹木との距離感を把握するのが大変だな と感じました。
      森林管理署では、新たに導入したドローンを森林病害虫の調査や山地災害の調査に使うことを想定しており、早く操作を習熟し有効に活用したいと考えています。



    お問合せ先

    津軽森林管理署

    ダイヤルイン:0172-27-2800
    FAX番号:0172-27-0733