このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    田瀬ダム・森林探検隊

    国民の皆様に森や湖に親しむ機会を提供し、森林やダム、河川等の重要性について、関心を高め、理解を深めていただくことを目的として、毎年7月下旬を「森と湖に親しむ旬間」として定められます。

    当支署では、関係機関と連携し、この時期に合わせて「田瀬ダム・森林探検隊」を実施しています。

    平成28年度開催内容

    開催日:7月23日(土曜日)

    実施主体:北上川ダム統合管理事務所田瀬ダム管理支所、電源開発(株)東和電力所、岩手南部森林管理署遠野支署

    実施内容:ダム探検(ものしり館・ダム堤体)

    発電所探検(東和電力所内)

    森林探検(ダム周辺の遊歩道)

    森林探検の実施状況

    当日は好天に恵まれ、参加者は32名となりました。

    森林探検は、2班に分かれてダム周辺の遊歩道を散策し、木、花、野生動物などについての説明を行いました。また、参加者の方には散策しながら木や草の葉を各自で採取していただき、それを使って「葉っぱじゃんけん」というゲームも楽しんでいただきました。

    参加者の方は幅広い年齢層でしたが、皆さんには充分に森に親しんでいただけたことと思います。

    H28_1班案内1

    散策コースの説明(1班)

    H28_1班案内2

    木の説明(1班)

    H28_1班葉っぱじゃんけん

    葉っぱじゃんけん(1班)誰の勝ち?

     

    H28_2班シカ説明

    ニホンジカについて説明(2班)本物のツノを使用

     

    H28_2班この木は何?

    この木は何?(2班)

     

    キハダ試食

    キハダの樹皮はどんな味?

     

    H28_2班葉っぱじゃんけん

    葉っぱじゃんけん(2班)

     

    セミ抜け殻

    セミ脱皮中(残念ながら途中で力尽きて…)

     

    署長閉会挨拶

    閉会の挨拶(小笠原支署長)

     今回の森林探検隊では、

    • 本物のニホンジカのツノやツキノワグマの爪や歯を使い野生動物について紹介
    • 漢方に使用される木の葉、樹皮、木の実などを実際に味わってみる
    • 木や草の葉を使った遊び

    など、約1時間という短い時間ながら、森林について幅広く紹介させていただきました。

    これをきっかけに少しでも森林に興味を持っていただけると幸いです。

     ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

     

    平成27年度開催内容

    開催日:7月25日(土曜日)

    実施主体:北上川ダム統合管理事務所田瀬ダム管理支所、電源開発(株)東和電力所、岩手南部森林管理署遠野支署

    実施内容:ダム探検(ものしり館・ダム堤体)

    発電所探検(東和電力所内)

    森林探検(ダム周辺の遊歩道)

    森林探検の実施状況

    当日はあいにくの天候でしたが、参加者はおよそ30名となりました。また、幸いなことに屋外で行う森林探検の実施直前には雨もほぼ上がりました。

    森林探検は、2班に分かれてダム周辺の遊歩道を散策し、木、花、昆虫などについての説明を行い、森に親しんでいただけたことと思います。

    探検隊1班

    森林探検隊第1班

    探検隊2班

    森林探検隊第2班

    閉会式

    閉会の挨拶(仙北谷支署長)

    お問合せ先

    岩手南部森林管理署遠野支署
    担当者:業務グループ
    ダイヤルイン:0198-62-2670
    FAX:0198-62-9628