このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    管内国有林の紹介

    管内の国有林データ

    仙台森林管理署が管理する宮城県南部地域の国有林は、宮城県のほぼ中央部から福島県境まで、仙台市をはじめ7市12町に広く分布し、国有林面積はこの地域面積の20%、55,263haとなっています。

    また、その管理する森林の公益的機能の発揮を重視し、それぞれの森林に期待される機能類型に応じた管理経営を行います。

    管内国有林の機能類型別に見た森林資源

    単位:ha

    機能種類 育成
    単層林
    育成
    複層林
    天然
    生林
    無立
    木地
    竹林 林地計 林地
    以外
    合計 割合
    (%)
    山地災害防止タイプ 1,874 377 6,577 0 0 8,828 140 8,968 16.2
      土砂流出・崩壊防備エリア 1,776 374 6,442 0 0 8,593 138 8,730  
      気象害防備エリア 98 2 135 0 0 235 2 237  
    自然維持タイプ 724 36 12,880 0 0 13,640 2,574 16,214 29.3
    森林空間利用タイプ 3,030 238 3,157 0 0 6,426 442 6,868 12.4
    水源涵養タイプ 12,335 823 9,865 0 4 23,027 188 23,214 42.0
    快適環境形成タイプ 0 0 0 0 0 0 0 0 0
    17,963 1,473 32,480 0 4 51,920 3,343 55,263 100
    • 育成単層林・・・・・スギ・ヒノキなど人力により植え付けられた森林で、同じ年齢の木の集まり。
    • 育成複層林・・・・・スギ・ヒノキなど人力により植え付けられた森林で、様々な年齢の木の集まり。
    • 天然生林・・・・・人の手をかけず、天然の力により育っている森林。
    • 無立木地・・・・・木の生えていない地域。
    • 竹林・・・・・竹でできた林。
    • 林地以外・・・・・道路など林地ではないもの。

     

    管内の森林面積

    単位:ha

    区域面積

    278,302

    100%

    国有林

    55,263

    20%

    民有林

    108,838

    39%

    その他

    114,201

    41%

     

    保安林の整備

    森は、水を蓄えたり災害から暮らしを守り、豊かな生活環境のため、さまざまな働きをしています。このような働きに対する期待が特に高い森林は、保安林に指定され良好に整備しています。
    仙台森林管理署の管理する国有林は名取川流域の水源など全体の84%の森林が保安林に指定され、災害を防止するための「治山ダム」を整備したり、崩壊地の植生を回復するなどの「治山事業」を行っています。

     

    レクリエーションの森

    豊かな自然環境を積極的に活用するため、国有林野の中から美しい森林や山、渓谷、湖など自然の美しさを楽しむことができる景勝地や野外スポーツに適した森林空間等を「レクリエーションの森」として設定しています。
    仙台森林管理署には12カ所1,418haのレクりエーションの森があります。

    種類

    特徴

    名称

    面積
    (ha)

    所在

    自然休養林

    特に風景が美しく、保健休養に適している森林です。
    自然探勝、登山、ハイキング、キャンプなど多様な 森林レクリエーションを楽しむことができます。

    • 権現森地区

    204

    仙台

    • 鈎取地区

    60

    仙台

    • 台原地区

    50

    仙台

    • 三共地区

    46

    仙台

    • 海浜地区

    161

    仙台

    自然観察
    休養林

    自然科学教育や自然観察に適している森林です。
    自然探勝を楽しみながら植生、野鳥などの観察や 森林の働きなどを学ぶことができます。

    • 白石蔵王自然観察教育林

    7

    蔵王

    • 宮城蔵王野鳥の森自然観察林

    58

    蔵王

    野外スポーツ
    地域

    雄大な自然と新鮮な空間に浸り、スキー、テニスなどのスポーツで爽快な汗を流し、リフレッシュできます。

    • 宮城蔵王野外スポーツ地域(笹森)

    61

    川崎

    • 宮城蔵王野外スポーツ地域(澄川)

    122

    蔵王

    • 宮城蔵王烏帽子スキー場
      野外スポーツ地域

    235

    蔵王

    • 南蔵王白石スキー場
      野外スポーツ地域

    32

    白石

    • 宮城蔵王七ヶ宿スキー場
      野外スポーツ地域

    85

    七ヶ宿

     

    保護林

    「保護林」とは、原生的な森林やその生態系からなる自然環境の維持、動物及び植物の保護、遺伝資源の保存、施業及び管理技術の発展等に特に資することを目的として、区域を定め、禁伐等の管理経営を行うことにより、保護を図っている国有林野のことです。
    国有林野事業では学術の研究、貴重な動植物の保護、風致の維持等を目的とする国有林野独自の制度として、大正4年に保護林制度を発足させて以来、その保護に努めてきました。
    仙台森林管理署では、8箇所(7,547ha)の保護林があります。

    種類

    目的

    名称

    面積
    (ha)

    所在

    林木遺伝資源
    保存林

    主な林業樹種及び希少な樹種に係る林木の遺伝資源を森林内の生態系に保存し、将来のために保護する森林としています。

    12

     

    植物群落
    保護林

    地域の自然を代表するものとして保護を必要とする植物群落及び歴史的、学術的価値がある樹種を維持し、併せて森林の施業・管理技術の発展、 学術研究などのための森林です。

    9

     

    2

     

    6

     

    35

     

    2,589

     

    4,791

     

    郷土の森

    地域における象徴として、森林の現状の維持について地元市町村の強い要請のある森林です。

    103

     

     

    美しい森林づくりのモデル的な取り組み

    美しい森林づくりモデル的な取り組みとして、列状間伐による効率的な施業や枝打施業のモデル林による取り組みに努めています。

    仙台森林管理署では、スギ枝打施業モデル林を設定しています。

    スギ枝打施業モデル林(PDF:156KB)