このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    管内の紹介

    管理経営の基本は公益的機能の推進です

    三陸北部森林管理署(久慈支署を含む)では、久慈・閉伊川森林計画区内の国有林93,615haを管理経営しています。
    当計画区の主な山岳は、日本百名山の一つであり、北上高地の最高峰である早池峰山をはじめ、遠別岳、三巣子岳、薬師岳等があります。

    主な河川は、閉伊川、津軽石川、田老川、小本川、久慈川、安家川、普代川等が東流して太平洋の三陸海岸に注いでいます。管内には、水資源確保のための水源かん養保安林や国土保全のための土砂流出防備保安林など各保安林に指定されている森林が多くあります。 また、北山崎をはじめ優れた景観を有する地域が多く、複雑な海岸線をなしている「陸中海岸国立公園」、登山、渓谷等の散策、キャンプ等に四季を通じて入り込み者に利用されている「早池峰国定公園」・「久慈平庭県立自然公園」等があります。このほか、原生的な天然林を保護するため早池峰山周辺は「森林生態系保護地域」に指定されています。管内一帯は渓谷、豊かな森林景観に恵まれ、森林を利用したレクリエーション・保健休養の場として多くの人々に利用されています。三陸北部森林管理署では、このような当地域の特色を活かしつつ公益的機能の維持増進を旨とした管理経営を行うこととしています。

    流域管内図

    岩手県の流域管内図