このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    作業システムセミナーを開催しました(令和元年7月11日)

    青森県の林業の未来を伐り拓く 作業システムセミナー

    1

    今回のセミナ-は、東北森林管理局青森森林管理署、青森事務所、青森県林政課が共催し、県内の素材生産を行う事業体・森林組合、関係団体、行政機関等を対象として、これまでまとまった情報が得られなかった素材生産の作業システムに関する最新の情報を提供し、参加した事業体が自社の作業システムを客観的に見直し、より安全性と生産性の高い、そしてより多くの収益を産み出すことのできる作業システムを検討することを目的として開催しました。


    1. 開催日時:令和元年7月11日(木曜日)13時00分~16時00分

    2. 開催場所:青森県総合社会教育センタ- 大研修室

    3. 参加者:林業事業体・森林組合等59名、市町村・県・国の林業担当職員等58名、関係機関14名、講師・スタッフ20名  計151名

    4. 結果概要
    高井青森森林管理署長による背景と趣旨の説明の後、及川青森県林政課課長代理から「素材需給の現状と県の林業施策」についての説明、岩手大学の齋藤准教授から「作業システムのトレンド」と題し、作業システムの基本的な考え方や国内外の作業システムのトレンド、先進的な林業機械の導入やICTによる効率化などの最新情報の紹介がそれぞれ行われました。
    また、昨年度から東北森林管理局が取り組んでいる、請負生産事業における作業日報の分析結果を同局資源活用課成田企画官が紹介しました。
    事例紹介として、(有)テルウッドの棟方代表取締役より皆伐の作業システムについて、工藤林業(株)の工藤代表取締役から間伐の作業システムについて、それぞれ高い生産性を実現した具体例をデ-タとともに紹介し、また、作業システムや林業機械のマネジメントなどの考え方を説明しました。
    本日の発表に対する質疑応答が活発に行われた後、齋藤准教授による全体のまとめが行われました。


    当日の配布資料及びアンケ-トの結果は以下のとおりです。


    • プログラム(クリックすると資料をご覧いただけます)
    1. 背景と趣旨(PDF : 212KB)
    2. 素材需給の現状と青森県の林業施策(PDF : 2,925KB)
    3. 作業システムのトレンド(PDF : 4,195KB)
    4. 作業日報の電子管理による作業工程の見える化(PDF : 927KB)
    5. 事例紹介-1 皆伐の作業システム(PDF : 1,267KB)
    6. 事例紹介-2 間伐の作業システム(PDF : 1,130KB)



    2


    3




    お問合せ先

    青森森林管理署

    ダイヤルイン:017-781-0131
    FAX番号:017-766-3775