このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    フォレスター等の育成について

      森林・林業再生プランのポイントは、戦後造成され充実しつつある森林資源を有効に活用するとともに、無秩序な伐採の抑制や適切な更新を確保し、持続可能な森林経営を実現していくための新たな森林計画制度を実行あるものとすることです。

        そのためには、市町村森林整備計画の策定や森林経営計画の認定・実行監理等森林計画制度の運用を現場で担う市町村を技術面から支援する新たな人材として、高度な知識・技術と豊富な実務経験を有するフォレスターの育成と活用が不可欠です。

        東北森林管理局では、森林・林業再生プランの実現に向けて、森林・林業に係る現場技術者を計画的に育成するため、全国7ブロックごとに実施される准フォレスター研修及び林業専用道技術者研修を、東北ブロックとして福島県を除く東北5県の職員及び国有林野職員等を対象に盛岡森林管理署管内を研修拠点として実施します。

    フォレスター育成の経緯 

       平成21年12月農林水産省は、今後10年間を目途に我が国の森林・林業を再生するための指針として、「森林・林業再生プラン」を策定しました。
       この再生プランは、平成22年6月に閣議決定された「新成長戦略」において「21世紀の復活に向けた21の国家戦略プロジェクト」の一つとして、森林・林業の再生が山村のみならず世紀の我が国全体の成長を支える分野として位置付けられま した。
       そして、この再生プランで示された指針に基づき、森林・林業の改革を具体的に進めていくための設計図として平成22年11月に「森林・林業再生に向けた改革の姿」が公表され、川上分野では、持続的な森林経営の確立、国産材の安定供給体制の構築が目標として掲げられました。
        このような森林・林業の再生に向けた取組を現場レベルで実行していくためには、森林・林業に関する専門的な知識・経験を有し、地域の関係者の合意形成を図りながら具体的な対策を実行していく森林・林業の牽引者となる人材が必要であることから、このような人材を日本型フォレスターとして育成することになりました。  

    フォレスター活動最前線 

     関係機関との連携協定

    (岩手県、岩手大学、森林総研、東北森林管理局)

     

    准フォレスター研修関連リンク

    お問合せ先

    森林整備部技術普及課

    担当者:企画官(技術開発・普及)
    ダイヤルイン:018-836-2053
    FAX番号:018-836-2012

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader