このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林ふれあい推進事業等を通じた普及啓発

    東北森林管理局では、国民の皆様に森林・林業・木材産業に対する理解を深めていただけるよう、参加者を募集して実施する「森林ふれあい推進事業」等のイベントを通じた普及啓発に取り組んでいます。

    森林ふれあい推進事業

    一般募集した参加者を対象に、森林での体験活動、森林教室、林業現場見学等を行うイベントです。

    原則として、地方公共団体、教育機関等地域関係者からの要請に基づく連携、又は営利を目的としない民間団体を公募し協定締結のうえ共催等により実施することとしています。

     

    イベント実施団体の募集について

    国有林をフィールドとしたイベントを開催してみませんか?

    国有林では、公募した団体と森林管理署長等が協定を締結して共催によりイベントを実施する制度があります。

    詳細については以下、又はこちらの資料(PDF:2,487KB)をご覧ください。

     

    イベント実施団体の役割

    団体の創意工夫により、国有林をフィールドとしたイベントを計画、実施していただきます。

    応募団体資格(条件を全て満たすこと。)

    (1)従来から森林を利用した活動等を実施している営利を目的としない法人、又は団体。
    (2)森林インストラクター等の資格者を有している。
    (3)国有林野事業を熟知している。

    実施内容等

    (1)植林、育林等の体験
    (2)希少種保護、野生鳥獣害対策など
    (3)森林教室、林業・製材工場の見学など

    参加費の設定

    金額は、森林インストラクター等の人件費及び旅費、保険料等により算出した実費とし、実施団体において決定・徴収していただきます。

    留意事項

    国有林からはフィールドの提供のほか、貸切バス、資料、人員等を手配することができます。

     

    関連リンク

    お問合せ先

    森林整備部技術普及課
    担当者:緑の普及係
    ダイヤルイン:018-836-2218
    FAX:018-836-2012

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader