このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    平成29年度森林ふれあい体験活動実施団体の募集について(公示)[藤里森林生態系保全センター実施分]

    平成29年3月14日
                                                                                              東北森林管理局

      平成29年度の森林ふれあい推進事業による森林ふれあい体験活動の実施に当たり、下記のとおり東北森林管理局と協定を締結して共催等により森林ふれあい体験活動を実施していただく、森林ふれあい体験活動実施団体を公募します。

    1.森林ふれあい体験活動実施団体(以下「実施団体」という。)の役割

     実施団体においては、東北森林管理局長と協定を締結していただき、団体の創意工夫により国有林をフィールドとして、森林・林業の理解促進に資する森林ふれあい体験活動を計画・実施していただきます。

    2.応募資格(以下の条件を全て満たすこと。)

    (1)従来から、森林(民有林又は国有林等)を利用した活動等を実施しており、森林とのふれあいを促進させるプログラムを実施している営利を目的としない法人又は団体等であること。
    (2)森林、林業等について、適切に説明ができる森林インストラクター等の資格者を有している団体であること。
    (3)国有林野事業を熟知し、国と連絡・調整を行うことができる団体等であること。

    3.実施箇所等

    (1)実施場所 秋田県山本郡藤里町の国有林【小岳】(JR秋田駅を出発し、日帰りのコース)
          実施時期 平成29年6月17日(土曜日)
          実施内容等 新緑の白神山地の樹木、高山植物、山々の風景など、白神山地ならではの自然の豊かさや世界自然遺産としての魅力をPRする。

    (2)実施場所 秋田県山本郡藤里町の国有林【藤里駒ヶ岳・田苗代湿原】(JR秋田駅を出発し、日帰りのコース)
          実施時期 平成29年7月8日(土曜日)
          実施内容等 白神山地の峰の一つである藤里駒ヶ岳の山頂から白神山地全域を眺望し、また、田苗代湿原のニッコウキスゲや高山植物の観察を通して豊かな自然を体感するとともに、自然観察するためのルールを普及啓発する。

    (3)実施場所 秋田県能代市二ツ井町の国有林外【七座山外】(JR秋田駅を出発し、日帰りのコース)
          実施時期 平成29年10月14日(土曜日)
          実施内容等 紅葉の七座山から周辺の山並みや景勝地を眺望し、豊かな自然を体感するとともに原生的な天然秋田スギ・日本一の「きみまち杉」を見学し筏流しなど地域の林業の歴史について学ぶ。

     なお、実施内容等については安全等の面から修正をお願いすることもありますのでご承知おき下さい。また、本森林ふれあい体験活動の名称は「白神森林講座」とします。

    4.参加費の設定                                                  

     参加者から徴収する参加費は、団体等において決定していただきます。
     参加費の金額については、森林インストラクター等の雇用等にかかる諸経費(直接人件費及び旅費・保険料等)及び参加者の保険料・通行料・施設入場料・資機材等の提供に要する経費、消費税相当額により算出した実費とします。
     また、参加費の徴収等の事務については、団体等に実施していただきます。

    5.応募の方法

    本事業に参加を希望される団体等は、別紙の書式(WORD : 14KB)により書面にて応募して下さい。

    6.実施団体の決定方法

     参加申込書に記載された内容が、本事業の趣旨に添ったものであり、十分実現性を有しているか否かを審査し、森林管理局長が適当であると認める団体等を実施団体として決定します。
     実施団体に決定された後、森林ふれあい体験活動実施計画書を作成していただくことになります。なお作成していただいた森林ふれあい体験活動実施計画書については助言させていただだく場合もあります。

    7.応募の締め切り

    平成29年4月21日(金曜日)

    8.留意事項

     森林ふれあい体験活動の実施に当たっては、別に藤里森林生態系保全センターにおいて、フィールドの提供のほか、以下の機材及び人員等を準備いたします。
      ・貸切バス(旅行業者に手配を委託)各回1台(※ただし、本物件に対する平成29年度予算が成立し、予算示達がなされることを条件と
    します。)
      ・配布資料(パンフレット等)
      ・職員(スタッフ)2~3名
     なお、実施団体においては、このほかに必要となる機材・人員等がある場合は、自己の負担により準備いただきます。

    9.応募に関する問い合わせ

    実施団体への応募について、詳しくお知りになりたい方は下記にご連絡下さい。

    東北森林管理局藤里森林生態系保全センター
    〒018-3201秋田県山本郡藤里町藤琴字大関添24-3
    TEL:0185-79-1003FAX:0185-79-1005

    森林ふれあい体験活動実施協定書(標準例)はこちら(PDF : 165KB)

    お問合せ先

    森林整備部技術普及課

    担当者:緑の普及係
    ダイヤルイン:018-836-2218
    FAX番号:018-836-2012

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader