このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    平成30年度低密度植栽試験現地検討会について

    • 印刷
    平成30年9月4日
    東北森林管理局森林技術・支援センター
    岩手南部森林管理署遠野支署

      低密度植栽は、苗を従来よりも低い密度・少ない本数で植栽する方法で、苗木代や人件費などの造林の初期費用を削減し、さらに、保育間伐の省力化等により成林までに要する経費を低減することが期待されています。
      林野庁東北森林管理局森林技術・支援センターでは、岩手南部森林管理署遠野支署管内の国有林に試験地を設定し、平成26年度から低密度植栽試験を開始し、造林経費の低コスト化、下刈の省力化、植栽木の成長状態等の調査を行ってきております。
      今回、これまでの調査結果と低密度植栽の特性等を関係者に広く知っていただくため、岩手県内及び宮城県内の森林・林業関係機関・団体等を対象として、下記のとおり現地検討会を開催するので、お知らせいたします。

    1日時
    平成30年9月13日(木曜日)10時30分~15時00分

    2日程
    (1)会場
    遠野市総合福祉センターレクリエーション遊戯室(開場09時45分)
    岩手県遠野市松崎町白岩字薬研淵1-3  TEL:0198-62-2885
    (2)基調報告
    遠野市総合福祉センターレクリエーション遊戯室(10時30分 ~12時00分)
    (ア)「再造林コストの低減に向けた低密度植栽と下刈り削減」
      国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所東北支所
    主任研究員野口麻穂子
    (イ)「低密度植栽試験の報告」
      東北森林管理局森林技術・支援センター
    森林技術専門官増田悠介
    (3)試験地での現地検討
    遠野市土淵町栃内 東恩徳国有林38林班い3、4、5小班(13時30分~15時00分) (位置図PDF : 162KB)

    (4)参加予定機関・団体
    岩手県及び宮城県内の県の機関、森林組合、森林・林業関係事業体
    遠野市、花巻市ほか近隣市町村
    森林総合研究所東北支所、盛岡水源林整備事務所
    東北森林管理局、岩手県・宮城県内の森林管理署・支署等の担当者50~70名程度


    3取材を希望される報道機関の方は、9月11日(月曜日)までに下記担当へ御連絡ください。

    お問合せ先

    林野庁 東北森林管理局 森林技術・支援センター

    担当者:副所長 小笠原 啓一
    ダイヤルイン:0173-57-2001
    FAX番号:0173-57-4929