ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理局の概要 > 管内概要 > 国有林の入林について


ここから本文です。

国有林の入林について

国有林へ入林(入山)するためには、事前の手続きが必要となる場合があります。

環境調査など各種調査、測量、イベント開催、取材等を目的とする場合、事前の入林手続が必要となります。

「入林許可申請書」(PDF:51KB)に必要事項を記入の上、入林を希望される森林管理署 又は支署に提出して下さい(郵送可)。審査の上、問題のない場合には入林

許可証を交付します。
入林目的等によっては、関連資料の追加提出をお願いしたり、森林管理署 などにお越しいただいて詳しくお聞きすることがありますので、余裕をもった日 程で提出して下さい。

狩猟、有害鳥獣駆除を目的とする場合

国有林には、可猟期間であっても、伐採作業、林道工事、治山工事などのために多くの方が入林しています。このような方々の安全を確保し、狩猟に起因する事故を未然に防止するために、各森林管理(支)署では狩猟に係る規制を行っております。安全で楽しい狩猟となりますよう規制内容の遵守をお願いします。

1.入林手続について

狩猟目的で入林される場合には、事前に森林管理(支)署において入林手続が必要です。

「猟銃による狩猟に係る入林届」(PDF:39KB)に下記の要領で記入の上申請して下さい。

  1. 入林の許可範囲は署・支署は単位です。入林される方々の氏名、住所、電話番号、狩猟登録者番号等を記入の上、入林を希望する国有林を管轄する森林管理(支)署に提出して下さい。
  2. 森林管理(支)署の所在、電話番号、管轄区域等についてはこちらをご覧下さい。
  3. 複数の森林管理(支)署の管内へ入林を希望される場合には、ご希望の署すべてにおいて手続が必要となります。

2. 狩猟実施中に必ず守っていただきたいこと

  1. 立入禁止区域について、交付された図面等により必ず位置を確認して下さい。
  2. 「入林届」の写しを車両の見やすいところに掲示して下さい。
  3. 立入禁止区域に示された箇所以外であっても、臨時的に入林を規制する場合がありますので、現地の案内標識には十分注意して下さい。
  4. 森林管理(支)署の職員や森林パトロール員等の指示には必ず従って下さい。
  5. 山火事防止のため、国有林内でのたき火は禁止です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集