このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    流域管理

    流域を単位に民有林行政と連携した取組を進めています。

    流域管理の推進

    地域における適切な森林の整備や林業の活性化等を図るため、流域を単位として、民有林と国有林が協調しながら計画をたて、事業を進めることが重要です。

    このため、民有林行政を担当する県や市町村と連携して、流域の課題やニーズの的確な把握、森林計画等の策定のための意見調整などを進めています。

     

     

                                                           流域内の森林現況                                                     (単位:ha,%)
    区    分 区域面積
    (ア)
    森林面積 森林比率
    (イ)/(ア)×100
    総数(イ) 国有林 民有林
    総     数 234,466 164,077 61,865 102,212 70
    盛 岡 市 88,647 64,923 16,755 48,168 73
    雫 石 町 60,901 49,224 31,840 17,384 81
    岩 手 町 36,055 27,018 5,397 21,621 75
    滝 沢 市 18,232 7,472 1,797 5,675 41
    紫 波 町 23,903 13,821 5,078 8,743 58
    矢 巾 町 6,728 1,619 998 621 24

    資料  区域面積は、国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」(平成21年)

     注)   国有林面積は林野庁所管面積(官行造林を含む)で、民有林面積は地域森林計画対象面積 

    流域林業活性化協議会の取組

    民有林行政、国有林行政が連携して流域の森林の整備等を進めるために、関係者で「北上川上流流域森林・林業活性化協議会」を設けています。

    この協議会には、当森林管理署のほか、岩手県の出先機関である盛岡広域振興局をはじめ、流域内の1市4町1村、森林組合等関係業界が参画して取り組んでいます。

     

    課題への取組

    流域ニーズの的確な把握

    流域内には再生可能な資源である、スギ、カラマツ等人工林が多いことから、間伐等の森林整備を行うとともに、資源の安定的・持続的な供給を行っています。

    また、「岩手くずまき高原カラマツ認証協議会」との連携により、カラマツ材のブランド化を進めるとともに、地域の木材産業、素材生産業の活性化推進に努めています。

     

    kouseinoukikai              はい積み              新植

      

    国有林の情報、技術及びフィールドの提供

    伐採計画等の管理経営情報や技術情報を積極的に提供するとともに、路網開設等の研修の場としてフィールド提供を行い、林業技術の普及啓発や技術向上に努めています。