このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     

    とくしま林業アカデミー4期生のコンパス測量の現地実習を行いました

    令和元年7月29日
    徳島森林管理署

       平成30年3月に四国森林管理局、徳島県、徳島県森林(もり)づくり推進機構との間で締結した、人材育成連携協定に基づく人材育成に向けた取組みを7月22 日、徳島県林業人材育成棟及び育成棟周辺の県有林において、とくしま林業アカデミー第4期生15名(うち女性2名)を対象に、コンパス測量に関する実習を行いました。

       まず、川上署長からコンパス測量の意義等についての話があり、次に、地域林政調整官より当日の日程及び計量単位等の説明を行い、その後、徳島県林業人材育成棟の後背にある県有林に移動し、実際にコンパス測量器を使って、事前に徳島署職員が設定した収穫区域(14測点、区域面積約0.2㏊)を4班に分かれて測量を行いました。

       各班には署長ほか署の職員4名がそれぞれ指導者として付き、傾斜地での測量器の設置方法や方位角、傾斜角の見方・読み方、測量点間の距離測定など、様々な場面での留意点を指導していきました。

       測量中、雨のため測量を中断しなければならない事態が発生し、悪戦苦闘しながらの測量作業となりましたが、各班とも求められた成果を出すことができました。

       とくしま林業アカデミーへの支援は今年度が2年目となりましたが、今回の取組のほかに、7月29日に新たな林業施策等に関する講義を、8月にはドローン飛行操作、9月にはドローンの自動飛行操作等を予定しています。

       徳島森林管理署では、このように関係機関・団体等が取り組む人材育成について、今後とも積極的に支援していきます。


     署長の挨拶
     コンパス測量起点箇所で留意事項説明の様子
     コンパス測量の現地実習の様子
     測量成果を入力し併合誤差を確認している様子

    お問合せ先

    四国森林管理局 徳島森林管理署
    ダイヤルイン:088-637-1230
    FAX番号:088-637-1818