このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    嶺北森林管理署新庁舎の構造見学会(CLTパネル工法)を開催しました

    • 印刷
    平成30年9月13日
    四国森林管理局

       四国森林管理局と四国地方整備局は、国で初めてCLTを本格活用した庁舎となる「嶺北森林管理署新庁舎」(高知県本山町)を建設しています。9月6日(木曜日)、新庁舎の骨組みをとなるCLTパネルを使った構造部分が組み上がったことから、CLT建築推進協議会と共催でCLT構造見学会を開催しました。
      高知県内外から設計事務所、建築会社、自治体、木材関係者などから約80名が参加しました。冒頭、野津山四国森林管理局長から「高知県では様々タイプの
    CLT建築がつくられており、本日の構造見学会を通じて、ここ高知から全国にCLT建築のノウハウを発信していきたい」との挨拶の後、設計会社によるCLTパネル工法による設計・構造の説明、建設現場の見学が行われました。
     
    CLTCross Laminated Timber)は、ラミナ(ひき板)を繊維方向と直交するように何層にも積層接着したパネルで、新庁舎で使われる最大のものは幅2m長さ9.5mにもなります。CLTの木材はすべて嶺北など高知県産のスギが使われています。参加者は、2階建ての新庁舎の壁、軒、天井などにCLTパネルが組み上げられた建築現場を見学しながら、CLTパネル工法、断熱・遮音性能、CLT建築に対する助成制度など活発に質問をしていました。午後には、全国の地方整備局営繕部の担当者が参加した構造見学会が行われ、高知で培ったノウハウが今後全国各地のCLTを使用した国の庁舎の建設に活かされることが期待されます。嶺北森林管理署新庁舎は本年12月に完成する予定です。

    〇  嶺北森林管理署新庁舎の概要

       ( 1 )名      称:嶺北森林管理署
       ( 2 )発  注 者:国土交通省四国地方整備局
       ( 3 )建  築 地:高知県長岡郡本山町本山850
       ( 4 )敷地面積:1,468.76 平方メートル
       ( 5 )延床面積:庁舎524.60平方メートル、車庫・倉庫66.00平方メートル
       ( 6 )工      法:CLTパネル工法(庁舎、木造2階建)
       ( 7 )設      計:株式会社  あい設計
       ( 8 )監      理:株式会社  かめお設計
       ( 9 )施      工:株式会社  宮崎技建
       (10)工      期:平成30年2月19日~平成31年2月28日(新庁舎部分は平成30年12月8日)

    〇  (構造見学会配付資料)

    構造見学会説明資料

    新庁舎1階と2階 配置図(ドローンによる空撮写真) 

    . 四国におけるCLT普及拡大の取組(平成30年8月)

    〇  嶺北森林管理署新庁舎構造見学会の様子

     

     

     

    お問合せ先

    総務企画部 経理課

    ダイヤルイン:088-821-2060
    FAX番号:088-821-2140