このページの本文へ移動

四国森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    平成30年7月豪雨による四国森林管理局管内の被害状況(国有林関係)について(平成30年7月27日17時00分現在)

    平成30年7月30日
    四国森林管理局

    1.   平成30年7月豪雨による四国森林管理局の被害状況(国有林関係)(平成30年7月27日17時00分現在)は、以下のとおりとなっています。まだ、被害の把握ができない箇所もありますが、今後も随時更新してまいります。

      被害額  2,263百万円
      被害区分別には、林道施設691百万円、林地荒廃1,479百万円、治山施設93百万円
      県別には、高知県1,853百万円、愛媛県222百万円、徳島県182百万円、香川県6百万円


    2.   四国森林管理局は、引き続き、本局と7つの森林管理署(所)が一体となって被害状況の把握と復旧に取り組んでまいります。


    掲載先:「平成30年7月豪雨への対応状況について」http://www.rinya.maff.go.jp/shikoku/koho/saigaijoho/20180710_000.html

    お問合せ先

    総務企画部 企画調整課
     電話:088-821-2160
     FAX:088-821-2025

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader